LogicoolのキーボードK780のキー配列をMacBook Proと同じJIS配列にする方法

LogicoolのBluetoothキーボードk780はとてつもなく使いやすいキーボードです。

が、MacBook ProのJIS配列に慣れていると、@(アットマーク)やら()(カッコ)、「」(カギカッコ)、_(アンダーバー)などの配列が英語配列になっているわけなんですね。

これが慣れないため、超絶使いにくかったんですが、その解決ができたので忘備録として記事にしておきます。


早速なんですが、原因。

これはBluetooth接続に起因するものが多いです。

キーボード配列アシスタントを使って日本語配列にしましたが、なぜだか英字配列にすぐに変わってしまう。

Bluetoothでつなぐと、再接続時にどうしても英字配列に戻ることがあるようです。

なので、最終手段としてUnfying接続で接続することにしました。

USBポートも埋まりますが、Bluetooth接続よりも安定感があり素晴らしいです。

ロジクールのトライアスロンマウスM720とキーボードK780を購入

めちゃめちゃいい感じのキーボードです。

なので英語配列、本当に気になっていました。

Unifyingで接続することで、接続時にキーボード配列アシスタントも自動で起動するため、左右シフトキーの左右のキーを叩き、最後にJIS106キーボードを選択すればオッケーです。

USBポートが埋まるのは仕方ないのですが、何よりも凄くストレスが減り、とてもスッキリました。

また、同様にマウスもUnifying接続を行いました。

やっぱり最高に良いキーボードです!!

Logicool ロジクール マルチデバイス Bluetooth キーボード K780
ロジクール (2016-07-01)
売り上げランキング: 828

Follow me!