Prottを使ってアプリのUIデザイン

Prott

アプリのデザインの仕事も頂きました。

不動産関係のアプリのUIのデザインです。

これがなかなか楽しい。

一緒に仕事をしているエンジニアから教えてもらったPrott(プロット)というWebサービスを使ってアプリの画面遷移を作ったりしています。

これがなかなか。

以前から知っていたのですが、初めて使ってみましたが一回使っただけですごくわかりやすい。

紙でどんなもんかデザインしたんですが、それをスマートフォンのカメラに取り込むと、そのままWeb上にも反映されたりします。

こういう連携って妙にテンションが上がってしまいますね。

また、画面上でデザインをしながらも、どこをタップすればどこに遷移するかっていうものも簡単に作ることが出来ます。

スクリーンを選択し、その中でタップするポイントをドラッグすると範囲が決まりますので、そこから遷移先にリンクを付けるだけ。

なんて簡単。

なんて素晴らしい。

今まで1人でWeb制作を行ってきましたんで、あまりこういう遷移図なんて言うものは必要ありませんでしたし、結構な手間でしたので工数がかかってしまい敬遠していました。

しかしながら、こんな簡単な図面ならばすぐにサイトマップなんかも作れますし、ワイヤーフレームなんてのもすぐにできそうです。

また、最近流行している、Sketchというソフトがあります。

Web制作の中でポストPhotoshopと言われるほどのもので、ファイヤワークスのような感じのソフトです。

以前購入して、それから使おうと思ってましたが、結局慣れ親しんだAdobe製品ばかり使ってしまうという。

なんと、このPrott、Sketchとも同期できるという。

うーん、素晴らしい。

Sketchでも同期できるなんて、ワイヤーフレームがめちゃめちゃはかどりますね。

今まではどうしても、慣れ親しんだツールで制作を行うという事が一番効率がいいと感じていましたが、このようなツールがここまで進化していると、考えを改めざるを得ませんね。

やっぱりチームでの仕事はめちゃめちゃ参考になりますね。

時代の流れについていかねば!

ちなみに、AdobeもXdやら色々と新しいサービスを展開しているということですので、そちらもチェックしてみたいと思います。

仕事は爆速!!

Follow me!