プリンターのインクは純正にしましょうという話

epson A707 純正インク

個人的にエプソンのプリンターを使ってます。

キヤノンでもどちらでも良かったのですが、以前のプリンターがキヤノンだったため、今回はエプソンということでカラリオ EP-707Aという機種にしました。

個人的には印刷時に勝手に排紙トレイが開いたりするキヤノンが好みですが、印刷の綺麗さとかはそんなに大差はありません。


今はもう2世代あとの709Aというのが出ているみたいですが、こちらも機能的なものに関しては大差がありません。

で、今日はインクジェットプリンターのインクの話。

今回、ライトシアンという超マイナーな色が切れてしまいまして、全然印刷ができなくなりました。

インクがなくなってもちょっとくらい動けと思いますが、やっぱり動きません。

ディスプレイ上には、

「インクが無くなりました。交換して下さい。」

の一点張り。

そんなライトシアンなしでも印刷できるやん!!というクレームに対して黙秘を決め込むプリンターです。

で、ライトシアンのインクをうちの奥さんに買ってきてもらって交換してようやく完了。

インクカードリッジって結構高くて、一本1300円近くするんですね。

全部変えると思ったら8,000円近くかかってしまう。

巷では詰め替えインクとか、互換インクとか流行ってますが、これって個人的に全然好きではありません。

昔一度使ったことがありますが、本当に安いだけだと感じました。

もちろん印刷コストは限りなく低くなりますが、やっぱり印刷の品質は本当に良くないです。

インクが滲んでほかの紙についたりしましたし、ノズルのつまりも多いし、漏れてしまうためインクの減りも早い。

なにより、写真の色あせや変色が信じられないくらい早い。

部屋のコルクボードに画鋲で挿していた写真があるのですが、そんなに直射日光が当たる場所でもないのにすぐに変色しました。

写真としての品質を保てるものって実際のところ少ないんじゃないかなと思います。

それから純正ばかりを使うようにしています。

やっぱり値は値。

変なことにストレスも感じませんし、すごく良くなったと感じます。

うーん、ただインクジェットは写真用紙には強いのですが、普通紙の印刷には全然向いていないので、普通紙印刷はレーザープリンターなどを導入する事も考えてみたいと思います。

フルカラー印刷のコストも下がるし、普通紙がキレイに印刷できるし一石二鳥かなと思ってます。

Follow me!