事務所のキッチン裏の壁を作ってキッチンパネルを貼ってきた

事務所の2Fにキッチンを入れてくれるとのことなので、友人と二人でその下地としての壁を作って、キッチンパネルを貼ってきました。

最近内装工事は結構やってます。

事務所の床の補強とか結構やってる気がします。

まあ建物がかなり歪んでいるので、床が数センチ落ちてまして。

最初はこんな状態。

そのためレーザー当てて寸法を出してボードを微妙に斜めに切ったり。

下地には換気扇のための開口も開けたりとなかなか骨の折れる作業でした。

キッチンパネルも当てては切り、当てては切りと慎重に作業。

段差もあるので、高さを合わせるためにボードを貼ったりベニヤ板を貼ったりしてなんとか完了。

キッチンパネルの寸法が3×8(900×2400)あるため、一人では貼れないので、友人が手元をしてくれて非常に助かりました。

そして出来上がったものがこちら。

まぁまだキッチンも何もついてないのでつくのが楽しみです。

解体中(失礼)の事務所の内装が一気に進んでいく予感がします!!

あとは換気扇周りをもう少し貼って加工したり、際のシリコンコーキングを入れたりしていく予定です。

こういう仕事はワクワクしますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる