一生懸命やったかは自分が知っている

自分の中で一生懸命やったかそうでないかってのはめちゃくちゃわかりやすい。

手を抜いたってのは自分場一番良くわかってる。

自分がここまでやったという満足感を得てから終わらせることが一番幸せなことだと思う。

僕は僕の仕事を誰よりも一生懸命やろうと思う。

人から評価されなくてもいい。

評価よりもいかに喜んでくれるか。

喜んでくれれば僕も嬉しい。

一生懸命やるということが幸せにつながる最短ルートなのかもしれない。

去年までがサボってたというわけではないんだけど、今年に入ってから何もサボらず一生懸命やっていると自負しているので、結構幸せ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる