完全徹夜したけど調子がいいのは糖質制限をしているからだという話

仕事が進まなかったので、完全徹夜、略して完徹。

徹夜って頭が回らなくなったりするので、とても苦手なんですね。

でも久々に徹夜したらなぜだかそこまで苦ではありませんでした。


いつもなら2時や3時に意識を失って睡眠に入っていたのですが、今日はそれがありませんでした。

なぜだろうかと思い、考えてみたら思いつくことが一つありました。

炭水化物抜きの糖質制限ダイエット中だということです。

これは糖質制限をしているため、体のなかの血糖値が上がらないため、眠くなりにくいんじゃないかなということです。

実は私、かなり眠気に弱かったんですね。

すぐに睡魔が襲って来てしまう。

運転中とかも結構眠くなってきたりして、すぐに車停めて寝てたりすることもしばしばありました。

ナルコレプシーか!?

とか色々と考えていたんですが、やっぱり悪の根源は炭水化物だったということです。

炭水化物とインシュリンと睡眠

炭水化物を摂取すると、どうなるかということを説明していきます。

炭水化物である米やパンなどを食べると、まず血糖値が上昇します。

この血糖値がエネルギーとかのもとになるんで、血糖値自体はそんなに悪くはないのです。

しかし、人間の体というものはバランスを取ろうとするように出来ているため、その血糖値が上がりすぎてくると、今度は血糖値を押さえようとする働きが出てきます。

これがいわゆるインシュリンというホルモンです。

このインシュリンを分泌することでだんだん血糖値が下がっていく。

血糖値が正常な値をキープする。

と言う流れなんですが、このインシュリン、困ったことに脳が必要なブドウ糖の供給量も下げてしまうんですね。

だから脳が必要な当分を摂取できないため、眠くなるということだそうです。

食後に眠くなるのは当分の摂り過ぎだったとうこと

食後1時間から急激な眠気に襲われていて、同仕様もなかったんですが、やはり糖質である炭水化物を抜いてみてはっきりしました。

炭水化物を抜いたら眠くならない。

食後に恐ろしく眠たいのは炭水化物のせいだったということです。

炭水化物って、人間が動くためのエネルギーになるので、勿論必要な栄養素の一つですが、現在の食生活にはどうしても過剰摂取しているんじゃないかなと思っています。

今回糖質制限してみて、やっぱり過剰なものはどこか人間の健康のバランスを崩しかねないなということがはっきりしました。

急激に食事の内容を考えるのも悪くはないのですが、今回のように少しずつ糖質を制限してみたりするなど、長期的な展望のもとに食事のバランスなどを改善していきたいですね。

Follow me!