SSDへの換装を依頼されたのでHDDクローンを作成

「SSDへ替えて!!」という依頼があったので、HDDクローンを作成しに行ってきました。

いや、もうこのご時世SSDないと無理です。

SSDがないPCなどPCではありません。

なので、SSDに換装です。

今回はまず既存のHDDにたいし、SSDに同じデータを入れ込み、そのSSDをHDDと差し替えるというものです。

この方法が今までで一番楽ですね。

ということで早速バックアップ。

USB3.0があるPCはすぐにバックアップができますね。

USB2.0のPCは時間がかかりますので、バックアップを取ってからまた次回作業です。

今回つかったSSDはCrucialのBX500というSSD。

今回は4台中2台分。

これ安くていいですね!

最近は1Tで10,000円くらいのものも出てきたので、本当にいい時代になってきたと思います。

そのうち4Tで10,000円とかなるんでしょうか?笑

ただ、付属のクローンのソフトが認証できなかったので、EaseUSのバックアップソフトを使ったので、ここは純正品がきちんとしていてほしかったなと思いました。

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Linuxなんかのサーバーサイドの開発をはじめました。
開発のレベルの底上げやってます。

あと、FORTNITEにダダハマりしています。

目次
閉じる