Pythonでループ処理の実行時間を測る方法

最近もっぱらPythonを触っています。

なぜならば、Raspberry Piの中でPythonをゴニョゴニョしているからなんですね。

今回はPythonループ処理の実行時間を測る必要が出てきたので、実行時間を測る方法を実装しました。

ちなみにPythonのループは、

while True:
    処理

#無限ループ

とかで実装するんですがこの処理の1回の時間を計測します。

ちなみに上記は無限ループなので、「ctrl + c」を入力するとループが強制終了されます。

ということで時間の計測です。

まずは時間を計測する必要があるため、timeモジュールをインポートします。

import time

開始時間と、終了時間の差を求めるわけなので、終了時間から開始時間を引いてあげれば完了です。

ちなみに僕は下記のように実装しました。

import time

while True:
    start_time = time.time()
    処理
    elapsed_time = time.time() - start_time
    print(elapsed_time)

ということでコンソールにしっかりとelapsed_timeが表示されるようになります。

処理が早いと1/1000秒とか、1秒間に恐ろしい回数が繰り返されますが、1回の処理にかかる時間がしっかりと計測できるようになるかと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる