Raspberry Pi ZeroでPythonのグラフ描画ライブラリ「Matplotlib」を使ってみる

最近メインの仕事はぼちぼち落ち着いてきたので、Raspberry Piに戻ってきております。

その中で、グラフを描画したりする必要があり、Pythonの「Matplotlib」というライブラリを使っています。

もともとは静止画グラフを描画するためのライブラリなのですが、グラフを描画し直したり、差分をどんどん追加することでリアルタイムの描画にも対応しています。

ただ、Raspberry Pi Zero、グラフの描画がかなり遅く、使い物にならない。

そしてもともとMatplotlib自体の描画がそんなに早くないということもあって、なかなかシリアルプロッター的な動きはしてくれません。

うーん、リアルタイムグラフの描画は難しいのかと色々と思案しております。

もっといい方法があると思うので、色々と試してみたいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる