WordPressのプラグインでハマった話

WordPress講習

今日は仕事でWordPressを教えていました。

カスタムフィールドをテーマに反映させるような他愛もない事だと思っていました。

見事にハマりました。

他業者さんが作ったWordPressの管理なんかをさせていただいているんですが、その構成がなかなか良くて、誰でも更新できて、すごく便利なんですね。

自分が組むときもこういうふうに組みたいなと思うような仕様でめちゃめちゃ参考になるようなWebサイトの作り方をしています。

さすがウン百万円かけたホームページは違うわと感心するような出来です。

ただ、その構成を作っている部分、Custom Field Suiteというプラグインを使って制作されているのですが、ここでハマりました。

なんやねん、Custom Field Suiteて。

もう、早く帰りたかったんですが、こいつのせいで帰ってからも作業する羽目になったことはいうまでもありません。

新しくYouTubeのURLを入れるカスタムフィールドを作って、テーマにタグ入れて、URLを表示するまではすぐでした。

5分です。

しかしそこからが長かった。

WordPressにはoEmbedというよそのサイトのURLを貼ればそのままYouTubeなんかを表示してくれる機能があります。

今回はそれを使おうとい、ショートコードとかとあわせてテーマを書き換えました。

で、グーグル先生に翻訳してもらいながら本家のサイトを見て、YouTube動画を挿入する部分で、アドオンのプラグインが必要だということでそいつを入れました。

しかも公式のディレクトリにないプラグインなので、GitHubからダウンロードして、FTPでアップロードして管理画面から有効化。

そしたら、今度は表示されない。

何故じゃ。

……。

動かへんやん。

何故じゃ。

エラーばっかり出るやん。

……。

動かない理由を探して、ずっとやり直していましたが、全くうんともすんとも言わず。

もう夜の11時を超えてましたんで、他の部分を教えて帰宅することに。

最終的に帰宅してから作業しましたが、結局普通にカスタムフィールドからURLを取得してiframeで埋め込むような形を取りました。

CSSもレスポンシブに対応させるために書き直し。

ホンマにお疲れ様でした。

うーん、Custom Field Suiteじゃなくて、Advanced Custom Fieldやったらテーマ書き換えてそのまま動画を吐き出せたんでしょう。

それができればどれだけ楽だったか。

いままでの構成上、カスタムフィールドのプラグインも急に切り替えられませんからね。

なんとかやる方法もあるんでしょうが、確実に動いて問題のない方法を選択しました。

まぁプラグインは王道のものを使うに限るということです。

いい勉強になりました。

Follow me!