厚切りステーキ肉の圧倒的に美味しい焼き方決定版

今日は厚切りステーキ肉を焼きました。

結論から言います、めっちゃ美味い。

3cm位あるステーキ肉はレアくらいで食べるのが最高なのですが、火が通ってないと旨味も出てきません。

なので、色々と試した僕が厚切りステーキ肉を圧倒的に美味しく焼く焼き方を披露したいと思います。

目次

厚切りステーキ肉を常温に戻す

まずは常温に戻すところから。

肉は保存するときは冷たくしておかないとだめなのですが、焼く直前に冷蔵庫から出してしまうと、中に火が通りにくくなってしまいます。

なので、焼く2~3時間くらい前に冷蔵庫から出して、常温に戻しておきます。

こうすることで中に熱が入りやすくなり、旨味が引き出されます。

肉の両面に塩コショウをする

常温に戻したお肉の両面に塩コショウをかけます。

塩も黒胡椒もミルで挽くものがおすすめですが、そこまでこだわりません。

パラパラっと塩コショウを行います。

ちゃんと両面行いましょう。

フライパンに牛脂を引く

牛脂。

ステーキ肉を買うときに忘れずにもらっておきましょう。

なければサラダ油でもいいのですが、風味が良くなります。

中火で蓋をして厚切りステーキ肉を3分焼く

いよいよ焼いていきます。

中火で蓋をして3分。

焼き目をつけるために動かしてはいけません。

ぐっと我慢の3分です。

肉が3cmくらいの場合なので、薄い肉の場合は焼く時間を2分程度と短くすればいいと思います。

裏返して蓋をして3分焼く

裏返す。

きれいな焼き目が出てきました。

素晴らしいですね。

こちらも同様に蓋をして3分焼きます。

表と同様薄い肉の場合は約時間を短くしましょう。

ステーキ肉をアルミホイルに包んで10分寝かす

ここからが本番。

表3分、裏3分、しっかりと焼き目のついた肉をアルミホイルに包んで10分程度寝かします。

アルミホイルに包んで寝かすことにより、予熱がしっかりと伝わり、旨味がしっかりと出てきます。

完成

中は若干赤いのですが、しっかりと火の通った美味しいステーキの完成です。

フォークとナイフで食べてもよし。

切る場合は太めに切る、サイコロ状に切る、お好きなように切って盛り付けてください。

おすすめは大きめのサイコロ状が食べやすいです。

ステーキソース、わさび、塩、好きないただき方で食べてください。

特にわさびがおすすめです。

また赤ワインも超絶合います。

100gあたり300円程度のお肉ですが、柔らかくてとても美味しく出来上がります。

肉の美味しさが最大限に引き出される最も簡単な作り方です。

正直、そこら辺のステーキ屋さんより圧倒的に美味しいです。

家族からの評判も上々で、自分で作った料理がこうやって人に美味しいと言ってもらうのは本当に嬉しいです!

ぜひ美味しいステーキを焼いてみてください。

ちなみにこんな肉も焼いてみたいなと思います!笑

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Linuxなんかのサーバーサイドの開発をはじめました。
開発のレベルの底上げやってます。

あと、FORTNITEにダダハマりしています。

目次
閉じる