Visual Studio CodeのSFTPプラグインを導入した

突然ですが僕、Web屋さんなので、SFTPが好きです!

なんの告白かわかりませんが、サーバー側のディレクトリを確認するのにもやっぱり慣れ親しんだSFTP形式がやりやすい。

Git使ってっていうのもあるんですが、なんだかちょっと仰々しい……。

なのでSFTPです。

目次

Visual Studio CodeにSFTPプラグインを導入

ということで今日は今イチオシのブラウザであるVisual Studio Code(以下VSCode)にSFTPプラグインを導入しました。

基本的な使い方は、拡張機能から「SFTP」を探してインストール。

そしてShift + Ctl + Pを押すとコマンド入力ができますんで、「SFTP : config」コマンドを実行します。

するとsftp.jsonファイルが出来上がるので、このファイルにサーバーの必要事項を書いていきます。

こちらを保存すればOK。

正直なところ、hostとusernameとpasswordくらいでつながるんじゃないでしょうか。

僕は上記のようにしてあります。

後々、数台のサーバーと繋がないとだめなんですが、取り急ぎ今回はRaspberry Piとの接続が完了しました。

今回はRaspberry Piのホームフォルダの中をRaspberry Pi内のGUIでコード書いたりすると非常に書きにくいので、piユーザーを同期させます。

やってみれば意外と簡単です。

レンタルサーバーもSFTP情報があるので、そのまま使って上げればもちろんレンタルサーバーでもSFTPで接続します。

あとはもしかしたらユーザーとパスワード以外にもSSH秘密鍵がある場合もあるんですが、その場合は「privateKeyPath」で秘密鍵のあるパスを指定してあげれば大丈夫です。

SFTP:Sync Remote -> Local

コマンドなんかを使ってあげれば、リモートフォルダのものがこちらに全部ダウンロードできたりします。

そして編集を行って、アップロード。

SFTP:upload

どちらかというとGUIよりもCUIに近い使い心地ですが、そのまま編集できたり、かなり便利になると思います。

いちいちRaspberry Piをリモート操作するくらいならば、こちらでさっさと済ませてしまうほうがいいですね。

VSCodeはプラグインによって恐ろしく多機能になっていくので、もっともっと使い込んで仲良くなっていきます。

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Linuxなんかのサーバーサイドの開発をはじめました。
開発のレベルの底上げやってます。

あと、FORTNITEにダダハマりしています。

目次
閉じる