Node.jsとnpmのインストールとバージョンの確認をやってみた

JavaScriptはWebサイトをグリグリ動かしたりするのに結構使ってたんですが、Node.jsはあまり使ったことがありません。

シリアル通信のためにNode.jsを使ってやってくれとのことだったので、インストールから。

Raspberry PiにもWindows10にも導入です。

目次

Node.jsとは

JavaScriptって主にフロントエンドの言語なんですね。

ブラウザ上で動くことを前提とした言語になっていて、バックエンドは全く使えませんでした。

しかしながら、バックエンドでも使えるようにしようと作られたのがNode.jsなんですね。

僕もその存在は知ってましたが、全然使ったことのない言語なので今回使ってみようと。

ちなみに僕はサーバーサイド、つまりバックエンドの経験なんてphpをさらーっとやったくらいです。

Node.jsのインストール

ということで早速インストール。

Windowsの場合、Node.jsの公式サイトからダウンロードしてきました。

https://nodejs.org/ja/download/

ダウンロードしてそのままインストールするのみ。

インストーラーに従ってインストールすれば問題ないと思います。

基本的には推奨版をインストールするようにします。

Node.jsは意外とバージョン違いのトラブルがあったりすることが多いそうです。

npmのインストール

まずnpmとはなんじゃ?というところから。

npmとは正式名称は「Node Package Manager」、その名の通りパッケージ管理システムのことですね。

他のパッケージをインポートしたりするのに非常に役に立ってくれています。

$ npm install 〇〇 -s

〇〇の部分にインストールしたいパッケージを入れてコマンド実行すればOKです。

ちなみに「-s」ってのがあるんですが、これがsaveのこと。

基本は「-s」付きでインストールしましょうとのこと。

jsonファイルそのパッケージの情報が書き込まれます。

「-g」っていうのもあるんですが、こちらはどのディレクトリにいても使えるグローバルインストールを行うっていう意味だそうです。

便利な機能ですが弊害もあるそうなので、今回は使わずです。

コマンドラインでバージョン確認

ということで、Node.jsとnpmのインストールが終わったかと思います。

ではコマンドラインを使ってNode.jsとnpmのバージョンの確認をしていきましょう。

$ node -v
$ npm -v

ということでバージョンが確認できたと思います。

以上でNode.jsとパッケージ管理システムのnpmのインストールとバージョンの確認は完了です。

ちなみに全然別の話なんですが最近コマンドラインを結構使います。

昔はこのコマンドラインが苦手で苦手で仕方ありませんでしたが、人間環境で変わるものですね。

毎日使ってたら全く苦じゃなくなってきました。

いや、ホントびっくりします。

やっぱり何かを得るには何かを捨ててその環境に飛び込んでいかないとだめですね。

身を持って感じました。

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Linuxなんかのサーバーサイドの開発をはじめました。
開発のレベルの底上げやってます。

あと、FORTNITEにダダハマりしています。

目次
閉じる