MENU

Raspberry Piにファイルのやり取りを行うためにSFTP接続する

2020 6/22
Raspberry Piにファイルのやり取りを行うためにSFTP接続する

Raspberry Piに対してSSHでファイルを送ろうとすると、scpコマンドを使ってやらなければならず、なんだかとても面倒なのでSFTP接続することにしました。

基本的にはRaspberry PiはSSH接続が可能なので、ファイルのやり取りはSFTPが便利かなと。

セキュリティホールとなり得るFTPサーバー建てることない(むしろ立ててはいけない)ので、もうSFTPでつないでしまいましょう。

ちなみにRaspberry Piがローカルネットワーク内にいるとして、

ホスト名:raspberrypi.local もしくは IPアドレス

ユーザー名:pi

パスワード:raspberry

となります。

もちろんユーザーやパスワードは初期設定のもので、変わっていないことが条件です。

FTPソフトでSFTPで上記に接続してあげればオッケーです。

個人的にはFTPソフトはWindowsならばFileZilla、MacならばTransmitが使いやすいかなと。

これでSFTP接続が可能になり、ファイルのやり取りが簡単になります。

Raspberry PiってWebサーバーにもなり得るからめちゃめちゃ勉強になります。

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Flutterによるアプリ開発をはじめました。
フロントエンド開発のレベルの底上げやってます。

目次
閉じる