Arduino Unoを購入したので電子工作はじめます

電子工作。

子供の頃は電子工作の本を色々と見て、半田ごてを持ち出してやけどしたりしてましたが、その頃から結構そういうことは好きです。

その流れではありませんが、なんか色々と作ってみたいなと思った矢先、Raspberry Piでの調査依頼が来たりしました。

これはタイミングだなと思い、Arduino Unoを購入!

ワクワクしますね。

目次

Arduino Unoとは

Arduino Uno、読み方は「アルデュイーノ ウノ」と読みます。

プロトタイピング用マイコンボードという位置づけですね。

Arduinoにはたくさん種類がありますが、Unoはその中でも一番ベーシックなモデルです。

電子工作の中核を担うプログラミングが可能なコンピューターのようなもので、実際に電流を制御したりすることも可能。

アナログ入力にも対応しているので、センサーをつないだりすることで、センサーの制御も可能です。

できることが非常にたくさんありますね。

Raspberry Piとの違いは

似たようなサイズでよく比較されるRaspberry Piですが、根本的にできることが違います。

Raspberry Piは小さなパソコンのようなもので、実際にプログラムを動かしたりすることに向いています。

モニターやマウス、キーボードを繋げばほとんどパソコンと同じようなことが可能です。

カメラを使ったり、プログラムでいろんなことをしたり、通信させたりすることも可能です。

Arduinoはプログラムできるマイコンボードのようなものなので、プログラム単位のもっと小さい制御に向いています。

例えばモーターの動きを制御したり、センサーのアナログ値を受け取ったり、本当に電子部品という感じです。

電流を制御したりする回路を作り上げることができるので、ほぼほぼ電子工作そのものですね。

用途が全く違うということです。

Arduinoを使って色々と電子工作を楽しみます

個人的にはRaspberry Piのアナログデジタル変換機としてArduinoを使おうと思って購入しました。

結局その用途には使わず、別途Raspberry Piのアナログデジタル変換器を購入しました。

ただ、Arduinoが手元にあるということで、色々とモーターの制御などを勉強していこうかなと考えています。

昔できなかった電子工作がこうやって再びできるとあって、非常にワクワクしております!!

ちなみに今回購入したのはこちらのキットです。

ブレッドボードやLED、抵抗やスイッチ、モーターなんかも入って、更に教本までついてくるというスグレモノのキットです。

今日も一人でPCとUSBで接続し、テストプログラムを走らせ、基盤のLEDを光らせて喜んでました。

点滅の速度が変わるだけでも嬉しいものです。

直感的に理解できるというのは非常に素晴らしいと思いますし、娘も興味あるようなので、一緒にひとつひとつ作ってみるのもいいかなと感じました。

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Linuxなんかのサーバーサイドの開発をはじめました。
開発のレベルの底上げやってます。

あと、FORTNITEにダダハマりしています。

目次
閉じる