MENU

レーシングシミュレーター、Assetto Corsaが毎日の日課です

2020 6/11
レーシングシミュレーター、Assetto Corsaが毎日の日課です

車がとても好きで、走らせることも見ることももちろん好きで。

いつかレース用の車に乗りたいなと思ってます。

ただ、実車でレースするとなると莫大な費用がかかるのも事実。

そこでなんとかレースできないかと考えて、PC用のレーシングシミュレーターを導入しました。

PCはクリエイティブ用なのでそこそこスペックがありましたし、モニターも4Kのものが3枚あるので、これを使っていました。

フィードバックもあるステアリングコントローラーなんかも用意してずっとやってました。

実際に導入したのは2018年位なので、もう3年位になるのかな。

目次

手軽に車の運転が楽しめる

PCはあるとして、最初にステアリングコントローラーさえ用意してしまえばあとはソフトを購入するだけなので、結構楽に環境は構築できます。

もちろんシフトコントローラーもつけましたので、MT車も実車までとはいきませんが、かなりリアルにシフトノブを操作することが可能です。

クラッチもあります。

フォースフィードバックは僕の持っているステアリングコントローラーのLogicoolのG29はギア式なので若干ゴリゴリするかな?

それでもかなりリアルです。

あとはアクチュエーター稼働のコックピットとか、振動コックピットとかも導入すればまだまだリアルになるでしょう。

今はトリプルモニターなんですが、これでも満足しているんですが、今後はVRの導入も考えています。

毎日レーシングシミュレーターで運転していると結構上手になってくる

僕は飽き性なのですぐ飽きるんじゃないかなと、飽きたら売ってしまおうとかも思っていましたが、意外とそうではなく、毎日少しずつシミュレーターで運転しています。

1日10分とかですかね。

すると少しずつですが上手になってくるものです。

Assetto Corsaはドリフトとかもできるのですが、そのドリフトも最初はリアタイヤを滑らすことすらできませんでしたが、今ではカウンターを当てながら長い距離でも続くようになってきたりします。

もちろんタイムアタックやレースなんかも楽しくて、やればやるほどタイムも削れるようになってきます。

コンピューター相手だろうがレースで1位を取れたら嬉しいですし。

毎日の継続の効果ってこういうところで必ず出てきますね。

レーシングシミュレーターは奥が深いので本当に楽しめます。

ちなみにAssetto Corsa続編も出ているようですが、Careerを全部クリアするまでやり尽くしたいと思います。

この記事を書いた人

古田 健のアバター 古田 健 代表取締役

ウェブサイトつくったり、アプリ作ったりしています。
動画撮影・編集・グラフィックデザインとかもトータルでやってます。

最近Flutterによるアプリ開発をはじめました。
フロントエンド開発のレベルの底上げやってます。

目次
閉じる