ZAMSTのコルセットをつけたら腰痛が激減した話

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

 

最近特に外で看板の取付とかしてまして、腰が痛い

そういうことを話ししてたら、ZAMSTのコルセットをいただきまして、これをつけて仕事すると、全然腰が痛くなくなりました。

ZAMSTのコルセット

つけて仕事してみたらびっくりです。

全然痛くない。

なんでこんなに痛くないのというくらい痛くない。

今まで使わなかったことを後悔するくらい。

本当に痛くない。

コルセットをつけるとなぜ痛くないのか?

ということでコルセットをつけるとなぜ痛くないのか調べてみました。

大きく2つの理由があるようです。

  • 痛い部分の動きを制限することで痛くなくなる
  • 体幹を固定すして負担を減らす

ということが上げられます。

なるほど納得です。

今までかなり動かしていたような気がします。

痛くなったら余計に動かしているような気もしてきました。

そういうことが余計に痛みの原因となっていたのでしょう。

腰の安定感も増えて非常に素晴らしいと感じました。

コルセットをつけることでのデメリット

痛みのない理由を調べていたら、こういう気になることも書いていました。

  • 体幹筋を低下させる

体幹筋ってなんじゃと思い調べてみると、腹筋や背筋による体幹を支える筋力のことだそうです。

なので、体幹を支えることをコルセットに依存させていくと、筋力が弱っていくこともあるということですね。

コルセットをつけることは根本的な腰痛の解決にはつながらない

コルセットをつけることは根本的な腰痛の解決には繋がりません。

腰痛の原因は筋肉の衰えであるとか、そういうことも原因だと考えてます。

コルセットを付けるとその場での痛みは消えますが、体幹筋を減少させていくことにもつながるということですね。

根本的な解決にはやはりトレーニングして体幹を鍛えることも必要かと思います。

当分コルセットに頼ります

ただ、それでも今の時点で圧倒的腰が痛いため当分コルセットを着用しながら仕事をしたいと思います。

本当につらい痛みにはコルセットを巻いて対策したほうがいいかなと考えています。

コルセットに頼りながら、きちんとトレーニングなんかも継続して、コルセットがなくても腰痛にならない身体を手に入れたいものですね。

腹筋背筋から始めましょうか。