モレスキン クラシック ノートブック ハードカバー ミディアムサイズ ブラック 方眼

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

モレスキン!

憧れのモレスキンを購入しました。

モレスキン購入

えー、バレットジャーナルをやってます。

バレットジャーナルがかなりいい

この方法でノート書いてました。

普通のキャンパスノートのA6サイズ。

家に転がってたやつなのですが全然書きやすくて。

ただ、行が少なかったりしたので、その次はA5サイズのキャンパスノートを購入。

そうすると次は大きすぎてボディバッグの中に入らない。

……。

ええい、こうなったらノート買いに行くぞ!と思いつつなかなか外に出る機会がないので、悶々としていました。

しかしながら三宮に行く用事がありましたので、本日東急ハンズに行ってようやく購入。

ロイヒトトゥルムも良さげだったのですが、定番の方眼のものが売ってない。

ということでまずは定番のモレスキン。

サイズはミディアム

モレスキンを買うにあたってかなりサイズには悩みました。

ポケットとかで充分かなとも思いましたし、ラージもいいなと思いました。

でもね、ボディバッグに入るサイズというのを大前提にしました。

なぜなら毎日持ち歩くから。

持ち歩かないと意味ないですよね?

ペンとノートと。

なので、ボディバッグに入って出し入れしやすいサイズということで、ミディアムを購入。

罫線は方眼

バレットジャーナルでもおすすめされていましたが、5mm方眼を購入。

最初、A掛のノートを使っていたため、小さいなと思いましたが、1日使えば慣れました。

5mm方眼、書きやすいし、情報量もしっかりあります。

0.7mmのジェットストリームでも難なく書けます。

0.7mmのフリクションだとちょっとつらいかもしれません。

色は黒

正直、ミディアムって色が少ないです。

今後長く使っていくと思うので、もう黒にしようと思いました。

本当は金色のロイヒトトゥルムが欲しかったのですが、売ってない。

今後ノートを統一するためにわざわざモレスキンにしたので、一番定番の黒でいこうと思いました。

気が変わるかもしれませんが、そのときはその時で。

カバーはハードカバー

ソフトカバーも触ってみたのですが、サンプル品を見て思ったことがありまして。

使い込んでいくうちにカバーがめくれたりして結構ぼろぼろになってて。

これはいけないということでハードカバーを選択。

意外に書きにくいかなと思いましたが、結構快適です。

大事に使います

やっぱり3,000円近くするノートは違いますね。

書き味とかそういうものも違いますけど、所有してて嬉しい。

100円のノートとは遥かに違う。

そんな感じですね。

もはやタスクの書き出しで20ページ以上使いましたが、今後大事に使っていこうと思います。