多チャンネル情報発信

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

Youtube、インスタグラム、メルマガ。

2月から色々と始めようと思っているので、準備してます。

とにかく情報を発信する

僕の中ではとにかく影響力のある人になるということがあります。

そのために2020年はやっぱり情報を発信していこうということを考えました。

今はブログとTwitterとnoteのみなんですが、やはり情報発信のチャンネルは多いほうがいい。

だからシングルコンテンツマルチユースの心でどんどんと情報を発信していきたいなと考えるようになりました。

情報発信の順番ですが、

  1. Twitter
  2. ブログ
  3. Instagram
  4. Youtube
  5. Voicy
  6. Podcast
  7. メルマガ
  8. note
  9. Kindle Unlimited

がいいかなと考えております。

Twitter

まずはTwitterですね。

Twitterで思ったことをどんどん発信していく。

気持ちを素直にメモするように発信していくことで、人の反応であったりいろんなことを得ることが出来るからです。

そういう反応の良いものとか、自分の思っていることをストックしておくような感じですね。

そうすることでコミュニケーションを取りながら、自分の情報の需要なんかも肌で分かるようになって来ます。

また、他のチャンネルに連動させやすいというのもあります。

まず僕の考えを知ってもらうにはTwitterがいいかなと考えています。

目標フォロワー10,000人です。

ブログ

そしてブログ。

ブログはずっと続けていますが、どうしても検索エンジンに頼りがちになってきます。

検索エンジンは正直なところ安定しないかなと思ってます。

それよりももっと密なつながり、コミュニティを求めていきたいから。

ただ、今後も自分の想いを一番メインに出す場所としてはブログが一番であるということは間違いないです。

目標PVは月間10万PV。

Instagram

Instagramは正直なところ、インスタ映えをするものばかりを出してました。

例えば飲食店とかそういうもの。

そういうものに対して、いいねというリアクションは得られますが、それ以降はない。

なので、インスタグラムも伝えるツールとして使っていかないとだめだということです。

単なる飯テロツールにするにはもったいないので、こちらもチャンネルのひとつとして活用していきたいなと思っています。

こちらも目標フォロワーは10,000人。

Youtube

昨年から少しずつやっていますが、何も進まないので、やっていきます。

最初はブログの読み上げとかそれくらいのものかもしれません。

映像の編集技術には自信がありますが、人の前で話をすることも全然ないので、慣れるまでは絶対にきついと思います。

しかしながらそのきつい思いを超えることで見えてくる何かがあると思うので、毎日の再生回数が0かいだとしても必ずプラスにしてみようと思いました。

目標チャンネル登録10,000人。

Voicy

正直なところどれくらいの需要があるかわかりませんが、Youtubeの音声だけを抜き出したものをラジオ的にやっていきたいなと。

目標はわかりません!!

しかしながら、コンテンツの拡散には音声メディアも必要なので、僕はVoicyもやってみたいと思います。

Podcast

Voicyと同じ理由ですね。

チャンネルは多ければ多いほどいい。

目標もわかりません。

Voicyと明らかに客層が違うので、そこらへんも紐解きながらチャレンジしていきます。

メルマガ

メールマガジンを発行する予定です。

これだけいろんなメディアで僕のブランディングをしながらやっているので、特別対応を行うためにはやっぱりコンテンツを分けていく必要があるので、メルマガを発行します。

登録者数は1,000人程度集まれば万々歳かと思われます。

note

現在Wordpressの事やランディングページの事なんかを書いていっていますが、そういったことをnoteにはまとめていこうかなと。

note、20記事ほど書きましたが非常に記事が書きやすい。

これや売れるわ。

noteも記事がどんどん増えていくと思いますが、こちらは有料販売していきます。

是非ご購入お願いします。

Kindle Unlimited

個人的にはやっぱりキンドルによる出版も考えています。

コンテンツをしっかりと持って、Kindleなんかにもまとめていきたいと思っています。

1つのコンテンツを多数のチャンネルで発信する

基本的には言っていることは同じなのですが、情報の粒度や受け取り方ってユーザーさんによって違います。

どのチャンネルで聴くかをしっかりと考えることが必要かと。

チャンネルが多ければ多いほど拡散もしますし。

ということでどんどんコンテンツを作っていきたいと思います。