Twitterとブログの書き方を考える

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

最近いろんなことをブログに書いているんですが、ブログの書き方をちょっとずつ変えていこうかなと。

Twitterなどで話をしていることについてもっと掘り下げていけるものがブログかなと。

そうやって行けばTwitterとブログとを別にする必要もないし、もっと深めていけるんじゃないかなと思ってます。

Twitterで発信することについて考える

正直なところ、Twitterって思ったことを書きやすいです。

140文字しか無いから。

そして反応を得ることができるから。

140文字だとその時の感情をぶつけてただ終わりとかそういうことにはもってこいなんですね。

でも深く考えることには向いていないかなと。

自分でスレッドを作ってどんどん書き達していっても良いんだけど、それはもはや読みにくかったり。

TLの流れも早いので、すぐに話題が切り替わってしまったりする。

人間はどんどん新しいものに食いついてしまうので、深く考えないうちに次の話題に飛びついたり。

流れてしまうとやっぱりもったいないかなと。

Twitterでは概要をツイートして、考えるべきことはブログへ

なので、Twitterでは大きく概要をツイートしていけば、僕の考えもまとまってくるのかなと。

どちらかと言うと、とりとめもない思いつきのようなものばかりを発信する。

その中から本当に考えるべきことはTwitterからブログに掘り下げていこうかなと

それ以外はブログなどにまとめていこうかなと思います。

やっぱりブログを書くことは考えることにも繋がりますから。

しっかり時間をかけてまとめることもできます

なので掘り下げて自分自身の考えをしっかりとブログには書いていきます。

Twitterからブログ記事を書く方法

個人的にはTwitterでインプレッションの多いものは興味を引く記事だと思っています。

ブログでもそれは同じで、興味を引く記事が一番面白いと思っています。

140文字では語れないことをもっともっと掘り下げて書いていくっていうことは、ブログのテーマとしても面白いと考えています。

自分が面白いと思うことと、人が面白いということは違います。

人が面白いということを考えてやってく必要もありますね。

そのためのテーマ探しとして、Twitterで発信して反応を見るということは有効じゃないかなと考えています。