「急いては事を仕損じる」ということ自体が仕損じているということ

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

ことわざで「急いては事を仕損じる」という言葉があって。

自分の中では熟考を重ねて色々と策を練ったうえで実行すべきかなと思ってました。

でもね、世の中で一番大事なのはスピード。

そういうことです。

急いては事を仕損じない

急いても事は仕損じないということです。

むしろ、急かないほうが事を仕損じるということが多いです。

自分自身どこかのんびりした性格があるんですが、それはだめ。

完全にダメ。

何事もだらだらせずに即行動することが正解です。

TODOリストを書いてとにかく優先順位の高いものから片付ける

とにかく今自分がすべきことをどんどんTODOリストに書いていき、優先順位をつけます。

そして優先順位の高いものから片っ端から片付けるということです。

反応を早くすれば早くするほど自分の中で時間はできます。

何事も効率を考えてやると、経験を積むごとに早くなります。

ポモドーロテクニックも駆使する

人間はやりっぱなしだと必ず疲れますので、25分でタイマーをかけて、5分休憩を行う。

徹底的に仕事を行う時間を長くするということです。

とにかく素早く仕事を終わらせる

そうやってとにかく素早く仕事を終わらせるということです。

「急いては事を仕損じる」

慌ててやるのはもちろん違いますが、淡々と早急にやるということが一番必要ではないかなと考えています。

急いては事を仕損じること自体が間違いなので、急いていきましょう。

人生は短いのです。

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門

今すぐに徹底的に仕事を始めましょう。

25分と5分で徹底的に仕事をこなしていきましょう。

4セットで2時間。

4セットを4回で8時間。

最低でもこれくらいは徹底的にやりましょう。

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門

どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門

フランチェスコ・シリロ
1,188円(03/22 22:59時点)
発売日: 2019/03/22
Amazonの情報を掲載しています