6時間のスクリーンタイム見てスマートフォンからの脱却を考える

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

時間がないと思いなんでだろうと考えていました。

で、スマートフォンのスクリーンタイム見てびっくりしました。

6時間くらい見てるんですね。

一日に。

そりゃ時間ない。

なので、一度スマートフォンから脱却することを考えてみたいと思います。

スマートフォンで何やってるの

正直なところスマートフォンは見てる見てると思ってましたが、6時間も見ているとは思いませんでした。

そりゃ時間を浪費してるな。

主な内訳はSNSとかブラウザとかでした。

ゲームとかはあんまりしないんですが、その昔ハマった時には数時間はしてたので、もっとしていたんじゃないかなと思います。

これら皆ジャンクな時間ですよね。

もちろん、Duoringoなどのアプリで英語の勉強を行ったり、Progateなどのアプリでプログラミングの勉強を行ったりできますが、こういうものは移動時間にするべきで。

PCやMacでもできますし。

なので、スマートフォンは1日1時間を目指します。

脱スマートフォンのやり方は近くに置かないこと

個人的にはスマートフォンが近くにあるとどうしても見たり触ったりしてしまうことが多いです。

なので、近くに置かないでおこうと考えました。

サイレントモードにして、カバンの中に入れておくとか。

正直なところメールチェックはPCでいいです。

電話やLINEもそんなに急ぐことはないでしょう。

SlackなどもPCやMacでやっておけばいいと思います。

なので、とにかくスマートフォンを手元に置かないということを考えます。

スマートフォンではなくPCやMacに向かう

スマートフォンに向かっている時間は本当にジャンクなので、その分の時間をどうするかといえば、PCやMacに向かう時間とします。

そしてPCやMacもできる限りブログを書いたり、生産的な時間に使おうと思います。

ポモドーロテクニックなんかを使ってしっかりとやる。

とにかくそういうことを続けていかないと何も進まなくなってしまいます。

脱ネット・スマホ中毒 ver.2.0: 炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術

Amazon見てたらこういう本を見つけました。

正直なところ、それを生業にしていますので、ネット中毒なのは否めないのですが、周りの人や子供たちがそういう風にならないようにも知っておくべき知識は必要かなと思います。

脱ネット・スマホ中毒 Ver.2.0:炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術

脱ネット・スマホ中毒 Ver.2.0:炎上・犯罪に巻き込まれない!SNS時代を生き抜く最新護身術

遠藤 美季
1,463円(01/20 06:59時点)
発売日: 2017/09/05
Amazonの情報を掲載しています