営業力を鍛える

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

自分自身営業が苦手だと感じていましたので、今年は営業に非常に力を入れています。

どうしてもできなかったのですが、一つずつやります。

営業力を鍛えていきます

もっと成長したい

正直なところ、私営業があまり上手ではありません。

それでもありがたいことにご紹介や口コミで仕事を頂いたりしていまして。

ただ、このままやっていて良いのだろうかという思いがありました。

もっと会社を大きくしたいですし、もっともっと認知度を増やしていきたい。

それにはどうすれば良いのかということで考えた結果、やはり自分で自分を売り込んでいかないと行けないなという結論に達しました。

なので、2020年はもっともっと営業に力を入れて自分を知ってもらい、自社サービスをもっと使ってほしいなrと思うようになりました。

営業を鍛える

自分自身でも思うのですが、やはり営業というのは、必要なものを必要な場所に届けるということですね。

でもなかなか必要なものってないんです。

そういうときにきちんと提案できるのが営業だと思っています。

営業は断られることを恐れるな

個人的には提案して断られることがとても怖かったです。

自分自身が否定されたように感じてしまって、この世の終わりなんだと思うくらいの恐怖でした。

ただ、営業をしていく上で、断られることは非常に多いんです。

断られることを恐れていれば仕事になりませんよね。

なので、断られることを乗り越えていかなければなりません。

断られることを乗り越えるためには心理的負担を少なくする

断られることを乗り越えるためにどうすればいいかということも考えました。

これは個人的に思っているのは、心理的負担を少なくすることかなと考えています。

心理的負担が少なければ断られても傷つくことが少なくなります。

この心理的負担というものは実は自分が拒否されているかもしれないという恐怖から来ていることが多いのです。

自分自身が拒否されているわけではない

どうしても営業に慣れていなければ、商品やサービスの提案を拒否されていたとしても、自分自身が拒否されたように感じる場合もあります。

これは完全に間違っていて、商品やサービスが不要なだけなのです。

なので、自分自身を否定されることはないので何も恐れる必要はありません。

断られる回数が多ければ慣れてくる

そして、たくさん断られるということも大切です。

断られれると嫌な気分になり、こういう気分からすぐには次に行くことが難しくなるんですね。

正直なところ、私も次に行くことが難しいです。

しかしながら、断られて心が折れても次に行くことを何回もしていけば、そのハードルがだんだん下がってきます。

最初は助走をつけて飛ばなければ飛べなかったハードルも、歩いて飛べるようになり、そのハードルすら見えなくなってきます。

そうなってきたらもう営業がだんだん得意になってくるんですね。

営業を得意にする

自社サービスをもっと知ってもらうために今年はどんどん営業を強化していきます。

自分自身で考えたり、営業が上手い人からどんどん教えてもらおうと思います。

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」

僕が営業を強化しようと思った理由の一つがこの本に出会ったからです。

自分自身でもできそうだと思い、本を購入しました。

一つ一つ実践していきたいと思います。

その他にも営業の本を読み、圧倒的に営業力を強化したいと思います。

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」

1分で売る 最小の労力で成果を最大化させる「AI時代の即決営業」

堀口龍介
1,232円(01/20 23:19時点)
発売日: 2019/01/18
Amazonの情報を掲載しています