動画のバックアップを行いまいした

メディアエンコーダー

うちのビデオカメラはHDDのビデオカメラなので、その中に入っている動画のバックアップをしようと思い、どうせならばエンコードしようという考えに至り、昨日からAdobeのMediaEncoderをずっと走らせてました。

終わったのがさっきです。

24時間近くかかってます。


時間がかかるかかるとは聞いていましたが、まさかこんなに時間がかかるとは。

50GBくらいありましたから、そりゃ時間がかかりますね。

まぁカメラの中にある動画を全部バックアップしたらこうなりますね。

据え置きのMacBookProがファン回りっぱなしで結構恐ろしいことになってました。

しかしながら、動画と写真だけは本当に大切にしようと思っています。

それって二度と取れない瞬間なんですね。

正直、音楽ファイルなんかはまた購入したりすればなんとでもなります。

ただ、写真や映像はその瞬間しかないので、もう二度とその瞬間がやってくることはないです。

実は私も数年前にやらかしたことがあります。

写真のデータが入ったハードディスクを接続したまま消去してしまったことがあります。

全身の血の気が引きました。

自分の思い出がたくさん入ったデータが消えてしまうと思うと本当に怖くて同仕様もありませんでした。

なんとか復元のソフトウェアを使って復元することが出来ましたが、壊れてしまったファイルも多々あり、すごく大変な目に会いました。

これを教訓にして、バックアップは確実に取るようにしています。

今現在はクラウドと、RAID1のハードディスク、MacのTimeMachineバックアップと3つバックアップを取っています。

本当にバックアップは大事です。

消えた時にことの重大さがわかります。

もし、この記事を見ている人で、画像のバックアップを取っていない人は是非バックアップを取ってほしいと思います。

時間も手間もお金も勿論かかります。

しかしながら、最近なんて大容量のHDDもめちゃめちゃ安くなってきました。

昔なんて、500GBのハードディスクが何万円もしてました。

今は3TBのハードディスクで10,000円切ってます。

USB3とかになって転送速度もめちゃめちゃ上がりました。

HDDって何時どうなるか全くわかりませんから、できる時にできる限りのバックアップを取ることをおすすめします。

AmazonでI-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TBの最安値をチェックする

Follow me!