新たに200記事を書き続けることを目標にしました

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

えー、やっぱりね、続けることが大事です。

200記事を書くことにしました。

6月から始めて、70記事程度は行ったのですが、その後ベトナムなどが続いたことにより、しりすぼみになってしまいました。

フィリピンに行って、

「200記事書くべし!」

というありがたいお言葉をいただきましたので、実行しようと思います。

書けば書くほど実力がつく

ブログもなんでもそうなんですが、書けば書くほど実力がつくということです。

続けてやればそれだけ実力がつく。

ブログを書き続けることで、ブログを書く力がどんどんついてくるということですね。

書かなければ実力は落ちていく。

毎日書いている人との差がどんどん大きくなっていく。

それだけです。

毎日1時間を記事を書くことに費やしている人と、毎日16時間記事を書くことに費やしている人、どちらが成功するでしょうか。

後者です。

自分は記事に費やす時間をどれくらいかけていたかなというと、毎日数十分ほどだったと思います。

そりゃ勝てないな。

もちろんいきなり16 時間を確保するなどは無理な話です。

自分の仕事ももちろんあります。

なので、時間の使い方をもう一度しっかりと見直して、選択と集中を行い、毎日フィードバックさせていきたいなと思っています。

200記事の目安

目標にしていた100記事毎日更新も挫折してしまいました。

しかしながら70記事程度は続きました。

なので、次は目標を上方修正して200記事です。

しかも、セールスライティングに特化して、ものが売れるようなライティングをしながら記事を書いていきたいと思います。

実際にこのブログにはある程度決まったアクセスがあるので、記事をリライトする形でものが売れるような仕組みを作り上げてもいいかもしれませんね。

一つ一つやっていきたいと思います。

記事が書けないのはリサーチ不足

そしてここからが最重要。

パソコンを目の前にして記事が書けないという状況に何度か陥りました。

これって完全にリサーチ不足なんですね。

何を書くかを決めてから書かないと書きたいことがまったく浮かんできません。

日ごろ食べたものをアップしてても何も面白くない。

しっかり検索エンジンからのクエリを調べて、サジェストなどを調べて、ライバルを調べて。

調べることが多いほど、優位に立つことが出来ます。

小手先のSEOとかいう方法もありますが、そういうものはもはや無意味です。

圧倒的にライバルに勝つ記事を書くために、リサーチする。

リサーチすれば確実に書くことは増えてきます。

書くことがないと感じたら、リサーチすることに時間を割いて、徹底的にライバルに勝つような記事を書いていきたいと思います。

続ける技術

ちなみに、私が尊敬する方から教えていただいた本です。

これを10回くらい読みたいと思います。

絶対続ける。

まんがで身につく 続ける技術 (Business ComicSeries)

まんがで身につく 続ける技術 (Business ComicSeries)

石田 淳
1,320円(10/06 12:02時点)
発売日: 2016/04/16
Amazonの情報を掲載しています