父の一回忌

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

実は昨年の9月4日に父親を亡くしました。

まぁ色々と思うところはありましたが、亡くなってから1年が経ちまして、本日1回忌を行ってきました。

1年早い。

なんか色々と思うことがあり、完全に自分のことしか書きませんがお許しください。

良いじぃじだなと

自分の父親に対して、正直なところいい感情は持っていませんでした。

優しい、良い父親ではなかったなと。

殴り合いの喧嘩もしましたし、情けない泣き言も言ってたし。

でもね、僕に娘が生まれてからくらいからだんだん変わってきたかなと。

出かけるときのタクシーのお釣りを、毎回100円づつ貯めてくれて、僕の子供にお小遣いって渡してくれたり。

いっつも遊びに行くたび行くたびお菓子とかアイスとかかってくれたり。

もうね、ほんとニコニコしてた。

孫に対してめっちゃいいじぃじやったなと。

なんか救われた気がしました。

あとから聞いた話ですが、自分が商売でつらい時期に、家の妻にも、

「健が迷惑かけてるな」

といってくれていたようです。

酒の飲みすぎ

まぁ亡くなった理由としては酒の飲みすぎだったんですね。

腰痛を患って、仕事もできなかったこともあるし、もちろん家にいてもストレス溜まってたんでしょうね。

やっぱり酒に逃げてしまったところがあったんかなと。

それ以来僕もも結構酒を控えています。

やっぱり酒は体を壊します。

肝臓や腎臓を壊します。

健康には良くない。

もちろん本人もわかってると思いますが、酒やめられなかったんだと思います。

飯も食べずに酒に逃げてたのかなと。

今思い出すとすごく可哀そうだったかもしれません。

最後はちゃんと見送ってあげれた

で、昨年の2月くらいから入退院を繰り返してました。

病院でもタバコ吸ったり。

酒ももちろんやめてたんですが、どうしても寂しかったんでしょう。

すぐにまた飲むようになってしまいました。

不良ですね。

そういうことが続いていて、昨年9月4日、台風で警報が出てた朝、病院から電話がかかってきました。

「すぐ病院に来てください」

そのまま病院に行くと、父は

「来たんか、もう目が見にくいんや。痛いわー。」

と一言。

その後主治医の先生に別室で事情を聞いて、

「もう長くないです。」

と聞いて、仕方がないなと納得して、病室に戻ろうとしたときにその病室が慌ただしくなって、搬送されている人がいた。

まさかとは思いましたが、目を見開いた父でした。

処置室に運ばれて、心臓が動いていないということを聞いて。

どうしようと思いながらもどうにもできない自分がいて。

そのまま弟に連絡して、私のおじやおばに連絡して。

弟が駆けつけるまで延命措置を行ってもらいましたが、このまま続けても良くなることはないと聞き、もうやめてもらうことに。

身近な人が初めて亡くなった瞬間でした。

最後は心臓が止まる瞬間まで看取ってあげることができて、良かったかなと思ってます。

そこから自分が喪主となり、葬儀があったりしました。

もう1年、早いな。

もう少しいろんなことを教えてほしかった

自分が歳をとるにつれて、父親としてどう振る舞えばいいかなとか、迷うことも出てくるわけです。

小さな工務店ではありますが、古田工芸という屋号でずっとやってきて経営者としてもやってきました。

今になって、父ならばどうするんやろかとか色々と思うこともあるわけで。

もっといろんなことを教えてほしかったなと思います。

釣りの仕方、遊び方、船の運転、大工道具の使い方。

もうちょっと元気なときに聞いておきたかったなと思うのが本音です。

60歳で死ぬとしたらあと23年

60歳で死んでしまったから自分がその年になるまであと23年しかないです。

そう思うと本当に時間というものはあっという間で。

なくなってから1年。

結婚して10年だし。

子供が生まれて8年。

これから大切にしないといけない。

なんだか色々とかんがえてしまうなーと。

1日1日大切にしないとだめだなー。

自分自身の生き方になんか影響受けてしまいますね。

だから僕は、仕事よりも家族といる時間を優先します。

1回忌に思うこと

正直、両親が嫌いで嫌いで。

ネジ曲がった性格はどうしようもないけど、許さない。

そう思って生きてきました。

もちろん向こうもそう思っていたと思います。

母親なんていまでも何してるか知りませんし、二度と会う気もありませんし。

ただ、それでも僕の子、父親にとっては孫の顔をみてニコニコしながらまたおいでよと言ってくれる父親の眼差しは、本当に優しくて。

最高の親孝行ができたんじゃないなと思ってます。

ちょうど1年。

いろんなことを思い出してしまって、少しさびしい気持ちになってしまった1周忌でした。

まぁ明日からもがんばります。