Microsoft Excelマクロ・VBAで自動化勉強中

Excel マクロ VBA 入門

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

最近、なんでも自動化を行おうと考えています。

HiMacroEXに始まり、UWSC、更にはIllustrator、Photoshopなどの自動化をしようと企んでいますが、やはり最も効率よくWindowsの作業を効率化してくれるのはExcelマクロと思います。

ということで、Excelマクロのお勉強です。

Excelマクロ・VBAとはなにか

Excelマクロとは、簡単に言うとエクセルで行う作業の自動化を行うためのプログラム機能です。

VBAとはそれらのプログラム言語の名称であるVisual Basic for Applicationsの頭文字を取ったもので、Microsoft向けのプログラム機能ということですね。

エクセルの操作の自動化をマクロ、そのためのプログラム言語がVBAということです。

普段エクセルで行っていることを自動化するには、機能を段階的に記録し、再生することで、それらを実行してくれます。

個人的にはネットの中の情報収集を行いたいと考えていまして、UWSCなんかで動かそうと思っていましたが、VBAを使ってEdgeなどを動かして同じようなこともできるようです。

そうと分かればすぐ行動です。

書籍「かんたんだけどしっかりわかるExcelマクロ・VBA入門」

ということでまずは書籍からです。

昔に購入していまして、そのままだった本がたまたま本棚に入っていましたので、ひとつづつ模写を行いながらやっていくことに。

やっぱり、プログラミングっていうのは自分で学ぶのが一番です。

やりたいことがあって、それを実現させるために自分で必要な知識を得るのが一番の近道だと考えています。

ゼロからひとつずつやっていきます。

VBAはプログラミングの基礎にピッタリ

VBAをやっていって感じるのは、VBAウィンドウで書いたコードが、そのまますぐExcel内のウィンドウで実行されるということです。

これが結構便利。

HTMLとかCSSもそうなんですが、テキストエディタで書いたものが、ブラウザで出てきてしまったりする。

これって超初心者には本当にとっつきにくいと思います。

プログラミング言語にはいろいろな動作がありますが、ほとんどの基礎的な動きは同じです。

なので、まずはExcelのVBAを行うのもいいかもしれませんね。

その後、JavaScriptやphpなどをするのもいいと思います。

Excelマクロでやりたいこと

個人的にExelマクロでやりたいことっていうのが、Webサイトの解析です。

つまりSEOに対する自分なりの答えを出そうということですね。

とあるキーワードに対して、どのような文言でサイトが制作されているか、その傾向はどのようなものかとかの答えが欲しいということです。

検索語句を入力して、その後のスイッチひとつで上位サイトでのページを取得。

その中での検索語句の出現頻度や、タイトル、見出しなどの傾向を調べたいということです。

もちろんそれだけでは傾向と対策しかでません。

しかしながら、やはり敵を知ることがこの世界では一番強いです。

検索上位のものを調べることで、自分がそのサイトを作る際の指針となるものができるということですね。

PC作業の自動化で時短を目指す

現在のPC作業がすべて自動化できれば圧倒的に時間を作ることが可能です。

おそらくですが、見積もりを作ることや請求書を作ることなども簡単になるでしょう。

マーケティングなどの成果も目に見えるものとなります。

もっともっとあるものを使い倒して、成果が出せるようにしていきたいですね。