金魚すくいのポイは一部だけでなくすべて全部濡らすほうが破れにくい(※金魚飼いました)

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

娘が、金魚すくいで20匹以上すくってきたらしく、金魚を買うことになりました。

これはね、我が家秘伝の教え、金魚すくいのポイは一部だけでなく、全部濡らすほうが破れにくいという教えを忠実に守ったからだと思います。

我が娘ながらあっぱれです。

ちなみに昨年も金魚を飼いましたが、酷暑のため弱ってしまって全部死んでしまったので、今年事は長生きさせたいと思います。

金魚すくいのポイは一部だけでなく、全部濡らすほうが破れにくい

金魚すくい

昔から、ポイの紙が破れてしまうのが嫌だったので、半分くらいを濡らして使っていましたが、半分にするということは水の抵抗を受けやすいということになります。

どうしても斜めに動かしてしまうことになりますので。

なので、手首ごと水につけてしまい、中で水平移動させるということを意識するということが大切です。

中で水平移動させるさせることで、ポイの紙が水の抵抗を受けずに移動させることができるからです。

抵抗があると紙が破れてしまうので、抵抗を受けさせないのがポイントです。

金魚すくい必掬方法

必ず掬う、略して「必掬」。

色々と調べてみました。

ポイは紙が貼っている面を上にする

これも当たり前のことだと思っていましたが、紙が貼っている面が下だと剥がれやすくなりますね。

下に貼っていると、どうしてもそこからめくれてきて破れる原因になってしまったり、水の抵抗を受けやすかったりします。

ポイの枠よりも上に紙が貼ってあるほうが物理的に破れにくいということですね。

金魚の腹〜頭が乗ったときに頭の方向に斜め上に引く

そしてすくい方なんですが、金魚がポイの輪の部分の上に乗ったときに頭の方向に引き上げるということです。

基本的に金魚は頭の方向にしか動きません。

なので、ポイの上に頭が乗ったときにポイの中心側に動くように誘導しながら斜め上にポイを引き上げてすくい上げるということです。

文字にしたら伝わりにくいのですが、頭がポイのはしに乗ったときに、頭が向いている方に引きながら、斜め上にすくいあげる。

とにかく水の抵抗を受けないように引き上げます。

角に誘導する

金魚すくいで一番すくいやすいのはやはり金魚が入っている容器の角です。

2方向しか逃げ場がなくなるので、角に誘導してあげると、逃げ場が失われてすくいやすくなります。

黒い服を着ていく

金魚すくいに限らず、魚は天敵から身を守る習性があります。

危険な状態では身を潜めたくなるのはむしろ生物全てかもしれません。

なので、黒い服を着ていくことで影ができて、そこに魚が集まって来るということです。

ちなみに私、1年の90%以上は黒いTシャツを着ていますが、これは金魚すくいで勝つためではありません。

金魚を20匹以上すくってきた

金魚すくいのポイは全部濡らすほうが破れにくい

ということでこのような写真が送られてきました。

「金魚持って帰るらしい」

まじかよ。

金魚が我が家にやってきた

金魚

ということで近所のホームセンターに出発。

そして鉢とか必要なものを買いました。

昨年も金魚やってきて、小さい水槽で飼ってました。

しかしながら酷暑のため、水の温度が上がりすぎたりしてしまい、全滅。

ものすごく悲しい思いをしました。

なので、今年は庭に鉢を置いて飼うことにしました。

プラ鉢

メダカ元気 メダカのための飼育鉢

鉢といってもプラスチック製の30リットルほどのプラ鉢です。

メダカ元気とか書いていますが、金魚でも大丈夫でしょう。

1,500円くらいでした。

Amazonのほうがちょっと安いですね〜。

カルキ抜き

カルキぬき

DCMブランド最高です。

家で飼っているアロワナは強いので、使いませんが、金魚は身体も小さく、塩素に弱いので、カルキ抜きが必要です。

300円くらいです。

なんでもいいですが、計量カップが便利そうでした。

金魚の餌

我が家ではヒカリ、キョーリン信者なので、餌もヒカリです。

ホームセンターでは150円くらいでした。

マツモ

マツモ

金魚にはマツモでしょ。

水槽に突っ込んでおくだけで増えてくれますので、マツモも購入。

300円くらい。

水合わせをして金魚飼育開始

7匹くらい持ち帰ってきたんですが、家に来た時点で暑くて弱ってしまっていました。

やっぱり金魚すくいの金魚は弱いですね…。

慎重に水合わせをして投入。

餌は落ち着くまであげてはいけません。

前の水槽で飼っていた金魚も死んじゃったので、次は生き残って欲しいですね。

やっぱり飼う以上、娘二人には責任を持って飼ってもらい、命の尊さなんかも学んでほしいと思います。