YouTube動画撮影スタジオを作りたい

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ツイッターでも発信していますので、フォローしていただければ嬉しいです!

フォローはこちら → @kenfuruta7737

最近ずっとiPhoneを片手に自分の動画を撮っています。

セルフィーです。

ええ年こいてセルフィーばっか撮ってます。

なかなかどうして慣れてくれば楽しいですね。

最近Youtubeの動画撮影スタジオを作りたいなと思いましたんで、そのことを書きたいと思います。

Youtube動画スタジオを作りたい

やっぱり個人的には動画での情報発信はしていかなければならないなと思っています。

なので、iPhoneで自撮りを行いながら、色々と実験しています。

Youtube投稿、まずはiPhoneで動画撮影する

やればやるほどスタイルって決まってくるものですね。

ちょっとずつ形にはなってきていると感じます。

その中で、やはり撮影しやすい環境があればもっと撮影しやすくなるんじゃないかなと考え、Youtube動画の撮影スタジオを作りたいなという流れになりました。

Youtube動画スタジオに必要な機材

正直なところ、個人の撮影スタジオですので、超かんたんに作りたいと考えています。

ただ、動画の見栄えはある程度するように考えています。

個人的に必要だと思う機材は、

  • Webカメラ
  • マイク
  • PC
  • 照明
  • グリーンバック

かなと考えています。

Webカメラ

Webカメラというものは、PCで会議をしたりするための身体が

自分で動画を撮影するときに個人的に思ったのは、そこまでの画質は必要ないかなということです。

SONYのα7Ⅲという動画にも最高なミラーレスカメラも、Panasonicの4Kビデオカメラもありますが、それよりも撮影しやすいことを選びました。

なぜWebカメラなのかというと、そのまま撮影したものをPCの中に取り込めるということが一番の理由です。

最近のミラーレスカメラも、ビデオカメラも、結局の所はSDカードをカメラから抜いて、PCに挿して読み込む必要があります。

この手間、あまりかからないと思うのですが、例えば1日に数本撮影するとなると結構面倒です。

何よりもSDカードからの読み込みがかなりの時間を要しています。

その点、Webカメラで撮影を行うとそのままの動画ファイルが、PC内部にデータとして残るので、撮影したものが即編集できるというメリットがあります。

なので、撮影のしやすさを考えた結果、Webカメラを使うことにしました。

ちなみに私が使うWebカメラはロジクールのC922というWebカメラです。

1920×1080 30FPSのフルHD動画が撮影できますので、これで十分かと考えています。

マイク

こちらもPCへの入力を行うために必要です。

上記のC922にもマイクは内蔵されているのですが、正直微妙な部分があります。

なので、別途マイクがあったほうがいいです。

今回はSONYのコンデンサマイクのPCV80Uというを使用しています。

3,000円ちょっとの価格なんですが、それでもUSB Audio BoxというUSBインターフェイスがついています。

また、マイクスタンドも付属しているのでちょっと使うときに便利です。

PC

こちらはいつも使っているWindows10のデスクトップPCを使用しています。

中にはAdobeのPremiere Proを入れています。

カメラアプリで動画撮影を行い、Premiere Proで編集するという流れです。

撮影時モニターには自分が映るようにウィンドウを配置し、話の内容もテキストファイルなどを置いておけばいいかなと考えています。

スペックは一昔前のものになるんですが、

  • CPU:Intel Core i7 7700
  • GPU:Nvidia GeForce 1070
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • HDD:8TB+2TB

です。

照明

現在のデスクトップの配置だと、どうしてもカメラに対して逆光になっていまいます。

そのため、自分が真っ黒に写ってしまいますので、正面から当てる照明が必要かと思います。

現在は、NeewerというメーカーのLED照明を使っていますが、NeewerのLED照明は光が直線的すぎて硬い印象があります。

なので、光を拡散させるか、蛍光灯などの無指向性の光源を使おうか悩んでいます。

色々と検証が必要です。

部屋を暗くして、スマートライトで色とかを替えながら撮影するのもいいかもしれませんね。

グリーンバック

そして最後、グリーンバック。

グリーンバッグも可能であればスタジオに使いたいですね。

グリーンバックとはその名の通り、緑色の背景です。

クロマキーと呼ばれる、背景を透過させるために使われます。

背景を透過させることによって、文字テキストを入れやすくしたりすることも可能です。

そして何より、事務所が散らかっている場合でも撮影できるということが一番の利点かと思います。

片付けろよというツッコミは置いておきます。

ただ、ずっと出しっぱなしだとどうしても邪魔です。

なので、ロールスクリーン状のものを探しています。

天井から下ろすような形ですね。

安価なロールスクリーンはあるのですが、クロマキー撮影に使えるかは微妙なので、検証する必要がありますね。

撮影環境を整えることで心理的ハードルをどんどん下げる

やはり自分で撮影しだして思うのは、撮影が気軽にできると、ポンポン撮影ができるということです。

面倒くさい作業はできるかぎり減らすということが求められています。

さっと撮影して、そのままの流れで編集ソフトでテロップを付けて、アップロード。

工程は少ないほうがいいです。

机に座ったまま、そのまま撮影できるような環境がベストだと思いますので、撮影スタジオを作っていきたいと思います。

ちなみに、自分で撮影して、自分で見るということだけでも最初は抵抗ありますが、何度もやっているうちにどんどん抵抗がなくなってきました。

何事もそうなんですが、環境を作り慣れていくことが一番大事かなと思います。