1日20分のウォーキングがすべてを解決するらしいので、娘と歩いてきた

ウォーキングしたら気分爽快

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

お恥ずかしい話、最近かなりの運動不足です。

筋トレとかも一時期はしていたのですが、最近は全くと言っていいほど行っていません。

そして、まず外に出て歩くことすらありません。

これはだめだということで本日ウォーキングを行ってきました。

時間で20分程度、距離で1kmくらいでしょうか。

涼しい中歩くと清々しい気分になりますね。

ウォーキングのメリット

さて、なかなかめんどくさいため出歩いていませんでしたが、ウォーキングにはかなりのメリットがあります。

やっぱり健康に良いメリットというのがありますが、どのようなメリットが有るか調べてみました。

  • 脂肪燃焼(ダイエット効果)
  • 血流改善
  • 生活習慣病予防
  • 脳の活性化
  • 代謝アップ
  • 自律神経の安定効果
  • リフレッシュ効果

などが挙げられます。

これらのメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

ウォーキングによる脂肪燃焼(ダイエット効果)

まずは脂肪燃焼。

ダイエット効果があるということですね。

ウォーキングは有酸素運動になりますので、体脂肪を燃焼する効果があります。

走ったりしてしまうとどうしても無酸素運動となってしまい、体内の糖分ばかりが消費されてしまいます。

その点、有酸素運動となるウォーキングはしっかりと効果的に体脂肪を燃焼してくれます。

体に蓄積された体脂肪を燃やしてエネルギーに変えてくれるから、ダイエットにいいということですね。

私恥ずかしながら、一時期脂肪たっぷりの体をしていまして見れたもんじゃない体をしていました。

一度筋トレなどを行ってそこそこ絞ったのですが、まただらしない体に近づきつつあります。

体重も結構ありまして、どうも不健康そうな体つきになってきました。

そういう私でも明らかに効いてるなと感じます。

ウォーキングは有酸素運動でしっかりと体脂肪を効率的に燃焼させてくれる運動だということです。

ウォーキングによる血流の改善

下半身の筋肉、特に太ももやふくらはぎの筋肉を動かすことで、ポンプのように血流を流してくれます。

心臓だけで血流を循環させるよりも、太ももやふくらはぎなどの下半身の筋肉を補助的なポンプとして血を巡らせるほうが血の流れも確実に良くなるということですね。

ウォーキングをすることで、血の巡りが悪くなった足先や、末端などにもしっかりと血が巡って、全身がポカポカになります。

諸説ありますが、血流を改善することが病気に対する一番いい予防だとも言われています。

ウォーキングでしっかりと血流の改善を行い、病気の予防などにもつなげていきたいですね。

ウォーキングによる生活習慣病予防

ウォーキングにより、生活習慣病などのリスクが下がることも、医学的に報告されています。

まずは万病の現況である肥満を防ぐということが挙げられます。

痩せていれば、それだけ心臓の負担も下がりますし、先述したように血流も良くなります。

この時点で生活習慣病のリスクが減ります。

次に、ウォーキングには善玉コレステロールの増加効果があります。

HDLと言われるコレステロールが増加することで、動脈硬化を予防する作用があるということです。

そして最後、血糖値を上げたり下げたりする、インスリンの働きを良くする効果があります。

高血糖スパイクなどと言う言葉もあるように、血糖値の激しい上下は糖尿病のもととなります。

それらを防ぐためにもウォーキングは有効だということですね。

ウォーキングによる脳の活性化

そして脳の活性化。

正直なところ、私が一番実感しているのはここかなと感じます。

脳に血流がしっかりと回ることで、脳を活性化し、記憶力や思考力を高めてくれるということですね。

仕事が煮詰まっていたり、アイデアが出なかったり、ふさぎ込んでしまうことも多々あります。

そりゃ机の前に座っているだけだと、脳に血液も流れませんから思考力も落ちてしまう。

しっかりと考えるためにも、机の前から立ち上がってウォーキングをすることが大事だということです。

特に脳は人間の摂取するカロリーの多くを消費しています。

そのカロリーを運ぶ役割をしているのも血液です。

ウォーキングしてしっかりと血流を改善して、脳にも血液を循環させて活性化するということを考えていきたいですね。

どうしても気分が乗らないときなんかもありますが、そういうときもインターネットなんかで気分を変えるのではなく、ウォーキングして外の景色を見て気分を変えたほうがいい効果があると感じています。

ウォーキングによる代謝アップ

ウォーキングには代謝アップする効果もあります。

これはウォーキングを続けていくことで出てくる効果です。

さらに代謝アップと言っても、ウォーキングを行っている最中だけでなく、基礎代謝を上げる効果があるということです。

基礎代謝というのは、何もしなくても消費するエネルギーのことです。

日常生活のなかでの基礎代謝はおおよそ成人男性で1500キロカロリーと言われています。

ちなみに成人女子で1200キロカロリーだそうです。

つまり、基礎代謝が上がることで、生活しているだけで、効果的にカロリーを消費し、太りにくい体を作ることができるということです。

ウォーキング自体もカロリー消費がありますが、それに加えて基礎代謝が上がることで更に太りにくい体を作ることができます。

ウォーキングによる自律神経の安定効果

ウォーキングをしても、なかなか呼吸が途切れることはありません。

そのため、心臓が安定して血液を送り出すことができ、その結果自律神経を安定させる効果があるセロトニンが分泌されます。

セロトニンにはストレスに関する神経に働き、精神まで安定させる作用があり、一般的に幸せホルモンと呼ばれています。

セロトニンが弱まると、精神が不安定になったり、うつ病などになってしまいやすくなるという統計もあります。

ウォーキングすることにより、セロトニンも分泌され自律神経が安定して来るといった効果もあります。

ウォーキングによるリフレッシュ効果

これが一番ですね。

何よりも外の空気を吸いながら歩くことが一番健やか。

部屋で映画を見ながらエアロバイク漕ぐのも悪くはないですが、やはり緑を見ながら歩くことってかなりのリフレッシュ効果があります。

ウォーキングの距離と時間

これも厳密には決まっていませんが、20分ほどウォーキングを続けることで、有酸素運動が始まるそうです。

なので、20分以上歩くと効果的だということです。

基本的には20分位歩いて、1kmくらい歩けば十分気分もリフレッシュしますし、足先もポカポカしていい気分になります。

ダイエット効果を発揮するためにはしっかりと時間をかけてウォーキングする必要もあります。

ちなみに20分ほどウォーキングしてからブログを書き出して、1時間位経ちますが、それでも足はポカポカしていますので、まだまだ血の循環はいいのではないでしょうか。

血の循環がいいということは運動後もしっかりと代謝もしているという証拠ではないでしょうか。

ウォーキングの正しい歩き方

しっかりと腕を振りながら少し早めに一歩を大きく歩くといいそうです。

結構ハイペースで歩くことで、しっかりと脂肪燃焼効果が発揮されるとのことです。

今日は下の娘と一緒にウォーキングしましたので、そこら編は結構適当です。

手をつないで歩いていましたし、特に問題はないと考えています。

しっかりとダイエットしたいときはしっかりと歩く。

ゆっくりとリフレッシュするときはゆっくりと歩く。

きちんと目的を持ってウォーキングすればいいのではないでしょうか。

ウォーキングは週に何日やればいいの

こちらも厳密に決まっているわけではありません。

一説では毎日1時間程度のウォーキングをやるほうがいいなどとも言われています。

3日に1回20分から始めていいということも言われています。

要は体力とか気分によってペースを変えていくのが大事ではないでしょうか?

私は基本的には晴れている日で、作業が煮詰まった日や、頭が回らないときの気分転換にウォーキングをしようと思っています。

あまり気負わずにやりたいですね。

1日20分のウォーキングが全てを解決する

タイトルのままなんですが、1日20分ほどしっかり歩けば、かなり体の不調なども改善していきそうです。

今の自分にとってはかなり体の健康ということがテーマになってきています。

自分の体を壊してしまうと身も蓋もありません。

なので、しっかりと自分の健康は自分で守っていこうと考えています。

そのためにはいろいろとやっていかなければなりませんね。

今後習慣化していきたい事に筋トレとウォーキングがあります。

現在はブログの習慣化中なので、その後に筋トレやウォーキングも導入していきたいなと考えています。

日々の生活の中に、健康になる仕組みも作り上げていきたいものですね。