毎日ブログを書き続けることがアクセスアップにつながるたった1つの理由

毎日ブログを書き続けたら、結構いいことあるかもよ。

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

7月に入りましたねー。

2019年も残り半分。

早いですねー。

6月8日に、

「ブログを継続する!」

と息巻いてから、いろんな習慣化の方法をためしてみたりして、やっとこさ3週間が経過しました。

3週間、朝起きてコップいっぱいの水を飲み、まずはPCに向かい、ブラウザを開いてブログを書き始めることにしました。

自分のことでは何よりも優先順位を一番上に持ってきました。

そしてその結果、なんとか3週間継続することができました。

いやー、やればできるものです。

この調子で、3ヶ月続けて習慣化というスキルを手に入れます。

今日は毎日ブログを書き続けることがアクセスアップにつながるたった1つの理由ということで、個人的な見解を書いていきたいと思います。

ブログは定期的に更新することでアクセスアップにつながる

ブログを定期的に更新することで、アクセスアップにつながるということが言われています。

これ俗説のように言われてきましたが、これって個人的にはあながち間違いではないんじゃないかなと考えています。

先述しましたが、Googleの正式なアナウンスではなく、個人的な見解なので間違っているかもしれないということを頭に入れて解釈していただけるとありがたいです。

毎日ブログ書いているのに、アクセスアップしないぞ!とか言われても責任は持てませんのであしからず。

Googleのロボットとインデックス

Googleの検索結果に、サイトの内容を乗せてもらうことをインデックスされるとか言う表現を使います。

そのときにどうやってGoogleがインデックスするかということなんですが、Googleはロボットを使って、サイト内を調べるわけなんですね。

そのロボットに新しい記事があることを伝えることが、インデックスさせる方法ということですね。

なので、ロボットに対して正しいことを伝えてあげれば、Googleの検索には乗せてもらえるということです。

伝え方については後述しますが、ウェブマスターツールというものを使うのが一般的です。

Googleのロボットに対して、更新したよと伝えたりしてあげるイメージです。

Googleのロボットのリソースが足りていない

現在ウェブサイトの数は星の数ほどあると言っても過言ではないくらいあると思います。

天文学的数字だと思います。

正直なところ私、仕事柄ウェブサイトを多数管理しているのですが、その持っているウェブサイトの合計でも数千ページはあります。

今後もどんどん記事を更新していけば、増えてくるでしょう。

そして、そうなったときに先述したGoogleのロボットにインデックスしてよと伝えます。

ただ、Googleのロボットも無限に数があるわけではない。

ウェブサイトはどんどん増えていくのに対して、Googleのロボットの数が足りなくなるのは明白です。

Googleのロボットのリソースが全然足りていないということです。

つまり、ページを更新しても、Googleのロボットが回って来ないためにインデックスされないということが起きてくるということですね。

Googleのロボットは定期的に更新しているサイトを巡回する

ここで考えなければいけないのは、Googleがどのようなサイトを優先的に巡回してインデックスさせているのかということです。

もちろん品質の高いサイトを優先的に巡回していることは間違いないと思うのですが、それ以上にGoogleのロボットが優先しているのは、定期的に更新しているサイトではないかということです。

自分をGoogleのロボットに置き換えてみてください。

サイトがありました、巡回しました、ああ更新されていない。

次の日もサイトを巡回しました、更新されていない。

以下続く……。

このようなサイトに毎日更新の確認をしに行くでしょうか?

私なら行きません。

毎日更新の確認に行っていたものが2日に1回になり、3日に1回になり、1週間に1回になり、1ヶ月に1回になり……。

最終的には更新されていないんだなと判断して、確認にいかなくなるでしょう。

同じことがGoogleのロボットでも起こっているんじゃないでしょうか。

人間が確認することに比べたら、Googleのロボットもプログラムなので、労力は確実に小さいです。

わざわざサイトを巡って、確認せずにザーッと機械的にするでしょう。

しかしながら、Googleのロボットももそのようなことが天文学的数字となれば、できる限りロスを少なくしたいはずです。

なのでGoogleのロボットも更新頻度を重要視して、サイトに対して巡回するかしないかの判断を出していると考えています。

1ヶ月に1回よりも1週間に1回、1週間に1回よりも、毎日更新

Googleのロボットの仕組みはわかりませんが、次に巡回するときっていうのはおそらくある程度の期間を開けてくると考えています。

サイトの更新頻度が非常に物を言う。

Googleのロボットが巡回する頻度が、サイトの更新を上回れば、次の巡回する頻度は少し長くなる。

サイトの更新頻度が、巡回頻度を上回れば、次の巡回は早くなる。

そういった仕組みがあるのではないかと考えています。

もし自分がエンジニアならば、巡回回数をかえてフレキシブルに対応する

少なくとも私がエンジニアならばそうします。

「更新が1ヶ月に1回なら、1ヶ月に1回巡回すりゃいいか。

1週間に1回なら、1週間に1回の巡回でいいか。

どうせその程度の更新頻度でしょうよ。

あー、ロボットのリソースが足りない?

巡回ちょっと減らそうか〜!」

個人的にはこのように考えるのが自然だと考えています。

もちろんこれ以外にも巡回するのにはいろんな要因があります。

なので、ブログを毎日書いたからと言って、すぐにGoogleのロボットがやってくるとか、露骨には反映しないでしょう。

それでも毎日更新しているサイトには少しずつサイトを巡回するスコアに加点してあげるでしょう。

つまり、人間でもロボットでも一緒だということですね。

更新回数が少なければ、見向きもされず、忘れた頃にあったなーと思いだす程度のものとなってしまいます。

成績をつけるのはやっぱり記事の品質

ちなみに、サイトの中のブログ記事の内容がいいということが最低限の条件です。

毎日ゴミのような記事を生産したところで、クロールの頻度は上がれど、サイト全体の評価は上がらないのではないでしょうか。

評価の回数が上がっても、評価自体は上がらないので、やっぱり

記事の品質 > 更新回数

であると考えています。

何よりも記事の品質をあげていくことを考える必要があります。

良い品質の記事を、毎日書く。

かなりのハードワークとなりますがアクセスアップを図るには絶対に必要です。

毎日ブログを書き続けることがアクセスアップにつながる

Googleのロボットに対してのことが中心になってしまいましたが、Googleのロボットも一般の訪問者も同じかなと。

面白い記事いっぱい書いているブログってブックマークしますよね?

そして隅々まで見ちゃいますよね??

やはり、面白いということはそれすなわち、人の役に立つということです。

面白い記事を毎日生産できる人ってやっぱり評価されます。

毎日面白いという判断をされれば、もちろんどんどん検索順位が上がっていきます。

それがアクセスアップにつながるたった一つの理由です。

ネットの世界と現実の世界

最後になりますが、ネットの中の世界って有象無象あるので、現実世界よりも目が出にくかったりします。

どんなにいいものでも、このように評価されないものももちろんあったりするわけです。

そういう面では、アクセスアップを図るよりも、現実世界で実績出したり出世したほうが目の前の人に評価されやすい分簡単かもしれません。

しかしながら、難易度の高いインターネットの世界で評価を得られるということは、現実に影響を与えるよりももっともっと大きな世界に影響を与えることができるということです。

個人的な結論ですが、ブログを書き続けると結構いいことあります。

結構どころではなく、かなりいいことがあります。

ブログを続けることで見えてくる世界を想像しただけでもワクワクします。

きちんと習慣化を行い、しっかりと影響力のある人間になっていきたいと改めて決意しました。