努力する人たち

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ちょろっとTwitterとかもやってますんで、フォローしていただければ嬉しいです。

古田健のTwitter

昨日は習慣化をおこなう!

毎日のプライオリティの一番にブログ書く!

とか言ってたのに、朝からブログが書けませんでした。

それくらいちょっと切羽詰まった状況でした。

今日は早く目が冷めたので、再び朝一番からブログを書くことを行っていきます。

やりたいことばかり目移りしていた時期

私なんですが、今もそうなんですが、昔はやりたいことばっかり目についてしまって目移りしてしまっていたんですね。

あれがいいと言われれば、そっちを行う。

これがいいと言われれば、こっちを行う。

どれもよく見えてくるんですね。

そういう優柔不断マックス男でした。

いろんな事やっている人が本当に目について、自分自身と比べてしまって焦ってしまう。

結果を残したくてあれこれ考えて、いろんなことに手を出してしまう。

もうね、最悪です。

目移りしているうちは何も残りません。

そういうことに気づいてしまったんですね。

目移りするのは上辺だけを見ていたから

で、目移りすることは何が原因なのかを考えてみました。

その中で大きかったものは、自分と比べてしまっていたということなんですね。

ただただ、輝いている人を見て、羨望の眼差しで憧れて見ていた。

そういうことです。

でもね、気づきました。

その輝いている人達は、どんな積重ねの上に今の立場があるんだろうかと言うことです。

キラキラ輝いている人は、かなりの間積み重ねていました。

そりゃもういくら努力しても追いつかないくらい。

時間もお金も、人生の全てを全部突っ込んで生きているなっていう感じです。

そういうことを知ってしまったら、今の自分では勝てないって思ってしまった部分がありました。

いかに上辺だけを見ていたか。

しかもそうやって輝いている人たちって、努力していることを微塵も見せずに、

「ん??

何??

努力してる??

ふーん。

こっちはその100倍とか1,000倍やってるよ。」

ってな感じで涼しい顔をしています。

本当に上辺だけを見たら何一つわかりません。

ふつうのコトを普通にしているだけに見えてしまいます。

上辺だけじゃなくてすべて見たら、みんな努力してた

こっちがよっぽど興味深く見るまでは全くわかりませんでしたが、世の中の成功者と呼ばれる人たちは全部こうです。

知れば知るほど、努力しているなと思いました。

本人たちは努力と思っていないかもしれませんが、それでも私から見たら努力しているように見えました。

ただただすごい。

そういう風に感動を覚えたと同時に、今の自分に対して非常に危機感を感じるようになりました。

努力する人たちは仲間が増えてくる

さらにそういう人たちを見ていると、努力することに感化されて、その周りの人たちもその人のことのことがほっておけなくなってくるんですね。

最初はもちろん馬鹿にする人もいます。

それでもその下馬評を反対して結果を残したら見る目なんて一瞬で変わります。

本当に掌を返したように一瞬です。

そうやって、どんどん味方が増えていきます。

いい加減にやってる人たちって仲間ってあんまりいないですよね。

それと同じ。

人は見ていないようで見ています。

努力する人は周りの人たちを虜にして巻き込んでいきます。

そうやってもっともっと仲間も増えていきます。

努力する人は運も良くなってくる

そして、もう一つ。

なぜかはわかりませんが、努力する人は不思議と運も良くなってくるんですね。

正直なところ、私の主観でしかありません。

運が良くなるっていうことは科学の世界から見てもどうなっているかは全然わかりません。

運の良さなんて確率かと思いますが、なぜかそういう人はどんどん良いものがやってくる。

人が運を引き寄せるといえば、そうかも知れません。

何かわからないんですがとにかく運が良くなる。

勝負に負けないですし、必要なものが必要なタイミングで来る。

絶対に不利な勝負でも勝ち続けるし、お金とかが必要ならば、その分のお金は勝手に手に入っている。

本当に胡散臭いんですが、努力する人は運までが味方してくれてると感じました。

目移りしている暇があるならば置かれてる立場で努力する

そう、目移りしている隙があるならば、まず自分が目移りしていることを自覚してそれをやめる。

そこから始めたほうが手っ取り早いです。

そして、自分の置かれている立場で一生懸命努力する。

まずはそれを100日やってみることです。

100日も一心不乱に努力して、結果が出ないことって殆どありません。

100日やって結果が出なければやめたほうがいいです。

ちなみに2ch見たり、ゲームしたりっていうのは時間の浪費なので、絶対にやめたほうがいいです。

何も残らないです。

自分がどういう結果が望ましいかを考えて、自分が置かれている立場で、100日何かに打ち込んで死ぬほど努力する。

それをやてみてほしいです。

それ以外のことは手放す

そして、もう一つ大事なことが、手放すこと。

まず目移りしている状況に陥っているならば、一旦目移りするような人とかはおいておきます。

そういうことを自分から遮断して手放してしまう。

他のことを見えなくするということです。

手放すと、意外と楽になれます。

目移りするような状況っていうのにも悩まされることもありません。

まずは欲しいものがあっても、それから離れて手放すことを意識してほしいです。

そうすることで100%自分のことで努力する事ができますから。

輝いている人は10,000時間以上努力している

ちょっと前にギターの練習をしていて、YouTubeを見ていたら、ある人の動画が気になって、見入ってしまいました。

その人は世界一のギタリストらしいのですが、本当にそう思うくらいのテクニックでした。

そこで一番私の心に残った言葉があります。

「プロとして生きていくには10,000時間とか言われてるけど、

私計算したら、40,000時間近くギター弾いてます。」

毎日10時間、11年くらい引き続けてやっと40,000時間。

生活の一部になっているんでしょう。

それほどまでに続ける理由っていうのは何かはわかりませんが、これは紛れもない努力だと思いました。

40,000時間続けられますか?

それに比べたら100日間なんて、1日10時間やっても1,000時間程度です。

その40倍。

気が遠くなる程の長さですね。

でも努力する人はそうやってやり続けています。

努力と継続

これも自分の勝手なイメージなんですが、努力も継続と同意義なんじゃないかなと最近良く思います。

気合を入れてガーッとなっても、続かなければ意味がない。

それよりも気負わずに毎日毎日ずっと続けている方が結局の所身になっている。

続けることもなかなか難しいです。

気が滅入ってきたりします。

続けたくなくなるときもあります。

色んな理由で続ける事ができないこともあります。

それでも続ける人ってやっぱり努力しているってことなんじゃないかなと思います。

今の自分ではまだまだ足りない

「足らざるを知る」

まだまだ未熟です。

自分自身が努力と思っていたことって、微々たるものということを知りました。

知ったと言うか、差はあるなとは感じていましたが、ここまでの差があるとは思いもしませんでした。

井の中の蛙大海を知らずとはまさに私のことです。

まだまだ世界は広いなと感じます。

しかしながら、ただただ、世界を見て憧れるのではなく、その世界でどのようにして成功したかを紐解いていけば、まだまだ自分の入り込む余地はあるとも思いました。

自分のすべきことに対して自分の持っている力の100%で続ける。

成功者のマネをして涼しい顔をしてやってのけようと思いました。