意見くれる人、助けれくれる人に感謝

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ここ最近ずっとこんな画像のように頭を抱えていました。

えー、とある制作についてなんですが、やったるでーと気合をいれて、息巻いていたんですが、なかなか思うように進まず、自分の力の無さを実感しました。

それを友人の天才エンジニアに話したところ、

「何がわからないかわからない」

「そもそも、理解の仕方がおかしい」

などと罵倒され、たいへん情けない思いをしました。

本当に力不足を実感しました。

甘く見ていた

自分の中で新しい仕事に対して、十分に時間をかけて準備もしてきたつもりですし、かなりの自信を持ってやってやろうという気持ちだったんですね。

理屈もわかる。

いろんな環境も整った。

ただ、蓋を開けてみればそうではなかったと。

理屈も全然わかっていない。

環境も全然整っていない。

準備が全く足りていませんでした。

本当に甘く見ていたということです。

ただ単に失敗の原因というものはそこにありました。

できそうな仕事だと、甘く見ていたということです。

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」

改めて考えると、自分のことも敵のことも知ることすらできていない状態だったと思います。

焦る気持ちと時間のなさが判断力を奪う

そして、焦る気持ちと時間のなさです。

やらなければならないことは山ほどある。

しかしながら時間がない。

焦る。

自分のやっていることが正しいのかどうかって言うことも、段々と判断ができなくなってきます。

このままじゃまずいと思いながらも、他になにかいい方法はないかを探す。

探しても探しても見つからないし、結局探した時間分作業が遅れる。

時間がなくなる。

寝不足になる。

更に焦る。

以下、悪いスパイラルに陥ってしまいます。

本当にこういう状態って良くないです。

辛い。

わからなければ人に聞く

そして私が取った行動。

人に聞くということです。

15分考えて、調べても答えが出ないことは人に聞くということが一番いいそうです。

そうですね、もっと早く聞いておけばよかったです。

聞いておけばよかったと言うか、聞きながら進めていけばよかったです。

聞きながら進めていくことで、その時点の疑問なんかを解決しながら地道に進めていけます。

なので、そういう進め方をしたほうが良かったと思っています。

そして力を借りることに

そして、自分の力ではどうしようもないと言う判断をしました。

もうね、悔しくて情けなくてどうしようもない。

完全にお手上げ状態だったので、素直に力が足りないということで、無理は承知の上、友人に力を借りることにしました。

こっちの状況を知った友人はこちらの現状を見て、厳しいお言葉でかなりいろんな意見を言ってくれました。

まず、私の悪いところから全部。

正直ね、めちゃめちゃ凹みました。

日頃の甘い部分、全部指摘されましたし、今回の部分に関しても甘さを指摘されました。

完全アウトです。

寝不足の私は完全に打ちのめされましたが、なんとか説明しながら、一緒にデザイン作っっていくと光明が見えてきました。

もう彼が完全に神様に見えました。

拝み倒したい気分です。

意見くれる人、助けてくれる人に恵まれた

自分の環境ってどうしても自営業なわけなので、なかなか注意してくれる人がいません。

なので、こういう状況になってしまうとなかなか助言をくれる人っていないんですね。

ただ、こうやって言ってくれる人っていうのはやはり本当に大切で、たとえボロカス言われても、自分の甘さを見つめ直す事ができます。

自分の甘さを叩き直してくれるような人です。

私、自分を良く見せたいというきらいがありますが、そんな自分に対して忌憚のない意見をくれる人っていうのは本当に大切です。

人から言われないとなかなかわかりません。

そういう人は、どれだけ口が悪くても、本当に言ってくれるだけで嬉しいです。

それにどれほど助けられたか。

むしろそんな人達に恵まれて自分は本当にありがたいなと思っています。

感謝しかないです。

夜中まで付き合ってくれて、こっちの要望もきちんと汲み取ってくれる。

本当にありがとう。

そして、ここまで凹んでしまってぐうの音も出ませんが、また同じ轍を踏まないようにちゃんと聞きながら勉強していこうと考えてます。

起業して8年目になりましたが、まだまだ至らない部分ばかりですので、もう一度基礎からしっかりとやっていきます。