それ以外やらない、という覚悟を決めてシングルタスクで物事に取り組む

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

5日目、ちゃんと毎朝ブログを書いています。

夜書くよりもはるかに書きやすい気がします。

まずブログを書くということを決めてしまうと朝でも意外とすんなり書けるものですね。

ちなみに昨日寝たのも2時くらい。

仕事してましたが、眠さでダメでした。

今日はそれ以外やらないといという覚悟を決めてシングルタスクで物事に取り組むということの重要性について書いていきたいと思います。

物事はシングルタスクで一気に一つだけやる

ハイ、結論です。

人間って基本的にはシングルタスクだと思います。

ひとつの物事をやる方が効率がいい。

もちろんマルチタスクっぽくできる人もいますが、結局のところはシングルタスクのスイッチが上手っていうことなんですね。

やっぱりシングルタスクのほうがかなり物事が進みます。

なので、物事をうまく効率よくするということは、シングルタスクにして、それ以外のことをやらないと決めてしまうことですね。

そうすることが一番物事がうまくできて効率よくできます。

つまるところ一つのことだけやるってことが一番物事が進むということですね。

あれもやりたい、これもやりたいをまずやめる

一番シングルタスクを邪魔するものっていうのが、あれもやりたい、これもやりたいといって、なんでもちょっとずつ手をだすというものですね。

これが一番よくない。

なぜかというと、シングルタスクでせっかく一つのことをやっている途中で、ほかのことを考えてしまうから。

こうなってしまうと結局のところマルチタスクと同じになってしまいます。

だから、優先順位をつけて、一番やらなければいけないことと、一番やりたいことだけに目を向ける。

そうすることでほかのことに目を向けないようにします。

ほかのことに目が向くということはやはりウィルパワーも消費してしまって、全くいいことがありません。

なので、一番やらなければいけないこと、一番やりたいことだけやって、それ以外のことはやめましょう。

やめたことで、どうしてもやらなければいけないことは、メモでも取って、後回しにしてしまい、一気にやってしまいましょう。

誰にも邪魔されない環境を作る

そして、環境。

誰にも邪魔されてはいけません。

電話が鳴ったり、メールやアプリ、ラインの通知が鳴る環境とかもってのほか。

世の中そんな緊急性のあるものはほとんどありません。

携帯電話とか正直いらないと思ってるくらいです。

自分への連絡は全部どこかに任せようかなと思うくらいです。

邪魔されないというのは本当に大切。

没入する環境ってものすごく作業が進みます。

だから、きちんと机の上に何もない状態を保ち、ほかに気を取られることをなくす。

効果は絶大です。

頼まれごとを安易に受けない

マルチタスクになってしまう要因で大きいものは、頼まれごとが多いときに起こりがちです。

頼まれたからといって、それをすぐにやってしまうとどうしてもそれに時間も頭も使ってしまうことになります。

シングルタスクでやっているときにそんなものは邪魔なだけです。

どんどん断りましょう。

対価を払わずに簡単な頼まれごとをしてくる人っていうのは、時間を奪っても平気な人ばかりです。

簡単なことだからいいじゃないかという人は、自分の時間も大切にできない人なので、どんどん断りましょう。

頼まれて話を聞くことでまず時間を取られてしまう。

そのことをする時間を捻出しようと考えることで頭のリソースを取られてしまう。

そのことをやるということで、タスクが増えてしまう。

引き受けた以上やらなければこちらが悪くなってしまう。

下手な頼まれごとは全部断りましょう。

いいことなんて一つもないです。

仕事の依頼だけを受けるようにしましょう。

いい人になる必要なんてありません。

ただのいい人で仕事ができる人を見たことありません。

そういう人はむしろ自分の時間に価値もないので、人に簡単なことだと勝手に解釈して頼みごとをしてきます。

どんどん離れた方がいいというのが私の結論です。

情報が多いから迷ってしまう

そして情報もどれだけいい情報でも、シングルタスクを邪魔する情報はいらないかなと考えています。

とにかく、今は情報が多い時代なので、パッと見てあれもこれもよさそうに見えます。

なので、シングルタスクでやっているときには情報にも触れないようにしましょう。

私、まとめサイトが好きなので、どうしてもそれらを見てしまったりすることもあります。

しかしながら、そういうものを見ても、ジャンクな情報ですし、あまり良い情報ではありません。

良い情報や、ジャンクな情報にかかわらず情報が多すぎるときには意図的に情報を遮断したほうがいいです。

しっかりと情報を得る時間を取って、シングルタスクで情報を集めた方が効率的です。

正直、すぐに触れられる情報っていうのはあんまりいい情報はありませんし。

むしろ、自分が積み上げてきたことの方が他人にとってはよっぽどいい情報ですし、集めようとしなければいい情報って集まらないものです。

効率を求めると結局はシングルタスク

やはり、人間はどうしてもあれもこれもしたくなる生き物ですが、絶対に無理です。

私、結構朝から晩まで働いて、いろんなことをしてきました。

その都度、あれもしなくては、これもしなくてはということに頭の中が、いっぱいになってきます。

どうしても自営業者とかフリーランスとかは、作業はもちろんなんですが、クライアントとの連絡や、各種帳票の管理やら見積書や請求書の製作、ほかにも集客からマーケティングからセールスまで、やらなければいけないことがたくさんあります。

これってどう考えても無理なわけなんですね。

だからこういったことをどこかで切り捨てていかなければならないんです。

そして、一番効果があることを徹底的にやってしまって、他は人に任せるか、もうやらないと切り捨ててしまう。

そうやって自分をとにかく集中できる状況に追いやっていくことで、どんどん捗ります。

なので、結局はシングルタスクに落とし込んでいくというのが結論です。

いろんなことに手を出して、結局できなかったというのは今日でやめにして、シングルタスクでしっかりと物事をやっていきましょう。

一つのことしかやらないという覚悟を決める。

そして誰にも邪魔されない環境でしっかりとそのタスクが完了するまでやる。

これだけです。