macOSのスクリーンショットより、Skitchのショートカットキーを優先する方法

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

Mac使ってますが、スクリーンショットを撮るのに、Skitchを使っていたわけです。

うちはウェブ屋さんなので、マニュアルとか資料作るのにめっちゃ便利なんですね。

スクリーンショットを撮るアプリをSkitchに戻しました

コレがあるからMac使ってると言っても過言ではないくらい。

だだ、macOSの新しいバージョン、「macOS Mojave」から、スクリーンショットを撮る機能が追加されたのですが、ショートカットキーがダダかぶり。

「Command+Shift+5」というショートカットキーです。

しばらくはos純正のものを使っていたのですが、断然使いにくい。

なので、純正のものを切ってSkitchを再び使うようにしました。

Mac純正のスクリーンショット機能をオフにする方法

これ、やり方は簡単。

左上のアップルマークをクリックして、「システム環境設定」 → 「キーボード」 を選択。

そしてスクリーンショットを選択して、チェックボックスをすべて外す。

好みに合わせて、「Command+Shift+5」以外は使用してもいいかなと思います。

そして、Skitch側の設定。

Skitchを常駐させるために。「環境設定」→「一般設定」でSkitch Helperを起動したままにすることと、ログイン時に起動するようにするにチェックして完了。

以上です。

あー、コレでまたストレスなくSkitchを使えるようになりました。

基本的にはMac純正の機能ってよく考えられて好きなのですが、どうも使い慣れているものを変えてしまうと辛いですね。

なので、またSkitchを愛用したいと思います。

ちなみにEvernoteもプレミアムに入ったので、いろいろと便利になりました。

最高。