わからないことは素直に聞くべし

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

今日は打ち合わせ打ち合わせ。

で、思うこと。

わからなければ聞けばいい。

恥ずかしがらず、聞けばいい。

やっぱりね、いろいろとやってくるとこういうものだっていうものがぼんやりとは見えてくるのですが、理解しているかというと微妙な場合があります。

なので、しっかりと理解できるまで聞く!ということを最近特に意識して行うようにしています。

わからないことをそのままにしておくと、自分が聞かれた時にきちんと答えることができないです。

なので、完全に理解できるまでしっかり聞くことが必要だと思います。

今日はね、GitHubについていろいろと教えてもらいました。

GitHub(ギットハブ)っていうのはプロジェクトを共同で行うにあたってバージョン管理ができたりするシステムのことです。

今まで一人でウェブサイトを作る上で、そこまで必要でなかったのでなんとなしに使っていましたが、やっぱり餅は餅屋、エンジニアはエンジニア。

優秀なエンジニアにしっかりと教えてもらうことで、自分がどういうことをやっているかとか、注意点なんかをしっかり理解することができました。

お互いに話をする上で、最低限しっかりと理解して置かなければならないことっていうのはあります。

もちろん、完全に理解することは必要ではありません。そこまでの理解があれば、自分でやればいいだけの話です。

チームとしてプロジェクトを進めていく上で、しっかりとわからないことはわからないと言えるって言うことが非常に大事だと思うわけです。

ホウレンソウがどうのこうのってバカの一つ覚えみたいに言っている人はもう少し掘り下げて、理解度っていう目線で考えればもう少しスマートになるかもしれませんね。

理解できる、できない。理解した上でその作業ができる、できない。そういうことを有耶無耶にすることってやはりチームとしてはマイナスかなと。

だから自分自身もできること、できないことをしっかりと見極めて、わからないことはわからないと言う。

そして、理解を深めるために教えてもらう、ということをしっかりと実践していきたいです。

そしてチームみんなで高みを目指す上でしょーもないプライドなんていらないです。

見栄をはったり、プライドを見せつけないといけないような相手とは、仕事をしてもギスギスするだけだからやめたほうが無難だということも追記しておきます。

まぁ何にせよそういう風土って日本の中にはあまり芽生えにくいでしょうから、自分から一つづつ実践していきたいなと思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!