SONYの28mm単焦点レンズ「SEL28F20」購入

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

レンズ買ったった。

α7Ⅲ用の単焦点レンズを購入しました。

いやー、いいですね。

実はMC-11とかもあるんで、SIGMAの単焦点レンズとかも考えたんですが、動画のAFがなんとも不自然。

で、やっぱレンズは純正っしょ。

ってことでレンズ購入

28mmの単焦点。

F2.0!!

F2.0はやっぱり明るい!

そして軽い!!

作例見てたらボケがうるさいかなーと心配してました。ソニーのGとかGMとか、ツアイスとかついてない普通のレンズはどうもボケがうるさいような気がします。

で、いざ試写してみまして、多少そういう感じはあったのですが、自分の環境でまぁ明るさに越したことはない。

ということで購入することにしました。

いやー、やっぱいい。

このボケ感は明るいレンズじゃないと撮れませんね。

純正レンズなので、動画のAFもかなり速いし自然。

28mmっていう世界で一番撮影されている画角が最高です。

弱点は意外と寄れないこと。

あとは単焦点は標準の50mmとポトレ用の85mmかなー。

いや、85mmじゃなくて、GMの70-200 F2.8いってしまうか!?

あと30mm F3.5マクロもAPS-C用ですが、AF速い、軽い、小さい、安い、写りいい。

レンズ沼とはこのことやで。

ちなみにAPS-C用の18-105mm F4.0も試しました。こちら、焦点距離が結構16-50mm 3.5-5.6とかとかぶるんですね。ワイド側は16のほうが有利だし。

16-50は超解像全画素ズーム使ったら100mmまで行けるし、何より軽い。18-105、a6000につけるとだいぶでかい。

なので、今回は18-105は見送ることにしました。

写りもいいし、PZで使いやすいいいレンズなんですけどね。今回は却下。誰もが絶賛してるいいレンズなんですが、多分使わなくなるんじゃないかなと思いました。

まぁレンズもいろいろと仕事で使うので、良いものを揃えたいと思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!