SONY α7Ⅲというカメラ

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

仕事とかで長年CANONのカメラを使っていました。2009年くらいからかなー。EOS 1D MarkⅢという素晴らしいカメラで、もうね今でも通用する非の打ちどころのないカメラです。

ただね、時代の流れは残酷。

SONYのα7Ⅲというカメラがすごすぎて、乗り換えました。で、乗り換えてそろそろ2か月が過ぎようとしているのでそのカメラの評価を。

CANONっていう会社は結構ユーザー層に対してどのくらいのカメラかっていう風に決めてて、価格に対して性能のすみわけをさせていたような感じですね。

ただ、SONYはその価格に対して載せれる最高の性能を持ってきます。

商売的にはどうなんだろと思うこともありますが、CANONやらNikonとかは20万円そこそこでこんな性能のカメラって出せないと思います。

新型出たらすぐにチープになるんですけどね。

まぁ実際に触ってみていろいろと試してみて、CANONからSONYに移行したわけです。

基本的な性能が数年前のフラッグシップ機よりも上。しかも安い。

……。

あれ、こんなに良かったっけ?SONYさん。

昔はソニーが嫌いで、絶対SONY製品なんて買うかと思ってましたが、いま改めてみると、凄い商品開発力だなと感心しました。

で、CANONから実際にSONYのα7Ⅲに乗り換えて感じたメリットとデメリットをいかに述べていきたいと思います。

α7Ⅲに乗り換えて感じたメリット

まずはα7Ⅲに乗り換えて感じたメリットを発表します。まぁ個人的に感じたことなんで、異論は認めます。

  • 動画が撮りやすい
  • ボディ内手振れ補正
  • フルサイズミラーレス
  • 小さい・軽い
  • 連写性能

こんな感じです。

動画が撮りやすい

まずね、4K動画が撮れる。まぁデフォルトではなかったんですが、被写界深度の浅いボケボケの映像が撮れます。これスゲー。単焦点の28F20とか付けたらもうね、映画。パナソニックなんかのマイクロフォーサーズ軍団と同じくらい動画にも結構力が入っている感じです。

ボディ内手振れ補正

ボディ内ブレ補正もかなり効きます。手振れ補正のない単焦点とかで撮るとき、かなり役立ちます。また、動画撮影時もジンバル載せたときにおこる微妙な揺れなんかも吸収してくれます。

EVF

フルサイズミラーレスっていう点で、EVFとか嫌だったんですが、すぐ慣れました。スポーツとか撮影するのも車の流し撮りなんかも困りませんでした。むしろ、明るいところでもファインダーの中で再生できたりして便利です。

小さい・軽い

何よりも感じたメリットがこれ。EOS 1D mark Ⅲの時なんて、カメラ1㎏、レンズ1㎏以上。そんなものを振り回してました。荷物だけで5㎏は軽く超えます。でもね、今回キットレンズつけても1㎏切ります。すげー。今まであほほど重いカメラを背負っていたのが馬鹿らしくなります。

連写性能

EOS 1D mark Ⅲの時、連写が1秒間に最高10コマ撮影できました。これが長年フラッグシップとしてのコマ数だったんですが、α7Ⅲ、普通に同じコマだけ撮影できます。スポーツ困りません。

α7Ⅲに乗り換えて感じたデメリット

まぁもちろんデメリットもあるわけです。

  • 防塵防滴が頼りない
  • バッテリーがもたない
  • レンズが高い
  • 寄れない

防塵防滴が頼りない

えー、α7Ⅲ、防塵防滴ではないんですよ。防塵防滴に配慮した設計。なんやねんそれ!!ということで防塵防滴ではありません。1Dのしっかり電池蓋までパッキンが入ってシールしている感はありません。α9とかどうなんでしょう?使ったことないので、わかりません。ヨドバシカメラとかで触ってきたいと思います。

バッテリーが持たない

1Dに比べて圧倒的にバッテリーが持ちません。EVFとかモニターを多用するせいももちろんですが、そもそも1Dと積んでいるバッテリーの総量が圧倒的に違います。1Dなんて1日がっつり撮影やってもバッテリー余裕ありました。縦グリップつけて2本バッテリー積むのがよさそうですが、重くなるのでどうしようか迷うところです。

レンズが高い

おい、マジかよ、70-300の望遠レンズで15万以上するやんけ。娘の運動会でどうしても望遠レンズが必要だったので、もうね、サブカメラごと買いました。APS-Cのα6000っていうやつ。ダブルズームキット。16-50のレンズと、55-210の望遠ついて60,000円でした。

ちなみに1Dの時にはEF24-70 F2.8 L、EF70-200 F2.8 Lっていうレンズを使ってました。もちろんね、SONY製レンズにもそのレンズのラインナップあります。ただ、1本30万円。2本そろえたら60万円。高!!

自分の性格のことです、わかってるんです、たぶん買うんやろなー。F6.3 の明るさでは満足できんもんなー。ポートレートも撮るしなー。

それか単焦点そろえるかなー。困るなー。見事にレンズ沼だなー。

寄れない

もう一つレンズで。以外にSONYのカメラはこれが弱点かも。撮影対象に対して寄れないんです。キットレンズでも割と寄れない。

一番よれるのが、サブカメラの16-50のテレ側ってくらい寄れない。これ意外と困ります。料理の寄せの写真とか結構撮影するんですが、どうも寄れない。トリミングしたらいいかもしれませんが、めんどくさいです。いやー、その場でぱっと寄せれるようなレンズが24-105 F4とかあるみたいなんですが、これも高い!!15万くらい。

APS-Cの30mmF3.5のマクロレンズでも買うかー。これ試しましたが20,000円台のレンズとは思えないどえらい性能です。

ズーム回転方向が逆

まぁこれはデメリットではありませんが、ズームする時にレンズのズームリングを回すのですが、これがCANONと逆方向。

うーん、ズームしながらあれ??っと思うことが多いのですが、なんか変な感じです。撮影できないわけではないんですが、なんか変ですね。

慣れの問題でしょう。

α7Ⅲの総評

買ってよかった、マウントチェンジしてよかった!!最高!!

これだけです。あれだけSONYを毛嫌いしてましたが、それもすべてひっくり返してくれるような性能です。あとはバッテリー買ったりレンズ買えばなんとかなります。

AFの性能とかも、私中央1点ばかり使いますが、ほとんど1Dなんかとは変わりませんでした。動画撮影時も良く食いついてくれます。

正直なところCANONやらEOS-Mとかも22mmF2のレンズとか付けたらかなり好きでしたし、EOS-Rとかも出たんですが、やっぱりミラーレスではソニーに一歩及ばない感じですね。NikonのZ6とかZ7とかも一緒でしょう。何よりボディとレンズ買ったらもっとお金がかかります。

ウェブ制作の一環ではありますが、撮影とかでお金をいただいている身としても、このカメラはすごいなと思えるような出来です。

映像を撮影できることで、仕事の幅も広がりました。小さくて軽いし持ち運びも楽です。それでいて画質などはほとんどパーフェクトに近いかなと感じました。

あー、レンズほしい。

取り急ぎ、28mmと85mmの単焦点かなー。

……。

仕事頑張ります。撮影の依頼なんかもお待ちしております。

以上私が2か月使ってみたα7Ⅲの感想でした。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!