ブログに書くということ

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。なかなかブログも更新していませんが、アクセス数が落ちてきて、これはやばいということで再びブログを再開します。というか基本的に毎日書こうと思います。

やっぱりね、日々の記録は残していたほうがいいです。後で見返してあんなことがあったな、こんな事があったなとかいろいろ思い出します。思い出すということはやはり必要なことなんですね。その時の経験からどのように成長したかをわかりやすく示してくれるから。

辛いことは意外と忘れてる

で、気づいたことなんですが、辛いことって意外と時間が経てば忘れているもんなんですね。そう思ったのが、どうしても許せないことがあってかなり損害を受けて辛い目にあった時のことをブログに書いたことを後で見返したときでした。

……。

え、この時何がこんなに辛かったの??

むしろ何にそんなに苛立ってたの?

ばかじゃねーの??

もうね、後で見返してこんなつまらないことに何凹んでたんだろうということが多々ありました。むしろ、そのときは本当に辛かったかもしれません。でも今は全然平気。その時思いつめて思いつめてしたことが、全然平気。ピンピンしてます。

つまりこういうことですね。その時は人生を変えるような悪い出来事でも意外と人間はすぐに忘れて、生きていけるということですね。もう何に凹んでいたのか忘れてしまったくらいです。

その時辛いと思っても全然大したことない

そう、ブログ見返すと、辛いこと乗り越えたなと言う事実を目にすることができるんですね。で、こう思うんですよ。

あ、この程度大したことねーな。

もうそのとおり。ビクビクしていた自分を思い出してもやっぱり成長したなと思うわけです。

でもね、正直やっぱり過去の自分って見てて恥ずかしいものです。失敗ばっかりだから。でもその上で失敗を乗り越えて今まで生きてきて、失敗してきたからこそ道を踏み外さずに生きてこれたんじゃないかなとも思うんです。

自分史としてのブログ

まあ自分の日記なんてものはこっ恥ずかしいものです。でもそれを見返して新たに発見できたり、違う選択肢を選択できるかもしれません。自分を戒めるためにもやっぱりブログは続けていかなあかんなと。

ということでまたブログを書いていこうと思います。このセリフ何回書いたことか。まぁやりますよ。続かなかったら……。うーん、続かなくても大丈夫。その時続かなかった理由も思い出せます。やっぱり記録として残していくのが一番いい方法ですね。最終的にアクセス数も上がったら嬉しいなと言うことです!笑

Follow me!