仕事をとっとと終わらせるにはちょっとだけやることが大事

昨日から続く仕事シリーズです。

やること山積みなのでどうしても仕事をとっとと終わらせる必要があります。

なので、とっとと終わらせる方法その2をかきたいと思います。

仕事が終わらないのはやる気の問題ではない

そう、仕事が終わらないのはやる気の問題ではないのです。

昨日のブログにも書きましたが、やっぱり仕事が終わらないのは環境の問題が大きいということです。

なので、環境を整えるということを書きました。

今日も一所懸命に環境を整えてなんとか机の上はきれいになったかなという具合です。

1日5分位掃除の時間に当てるのもいいですね。

で、その次。

やる気スイッチなんてない

そう、やる気スイッチなんてものは存在しないのです。

やりたくなくても、1分だけでもとにかくやるということです。

やってるうちにだんだんと仕事が片付いていきます。

仕事してるうちにテンションがどんどん上って、だんだんやる気が出てきます。

やる気スイッチみたいな便利なものはありません。

だから、どのみち自分でやる気を出すしかないのです。

やったら結果が残る、やらなければ後悔が残るならどっちを選ぶか

そう、やったらね、やっぱり何かが残ります。

やらなくて別のこと、例えば遊んだりしたらその結果が残ります。

その場合、やらなければいけないことの結果って残りません。

だからどうせやるなら、やらなければいけないことで結果残しましょう。

あとでどうせやらなければいけないんだし。

やらない後悔を選んでしまうと、もっともっと落ち込むことになります。

だから先に結果を残して、その後遊びましょう。

意外と終わらせるのに5分とかかかんない場合もあります。

頭で考えるからなかなか動けない。

簡単に結果を求めるなら即行動

やるべきことをすぐやりましょう。

すぐ実行。

やる気があってもなくてもすぐ実行。

やろうと思ったときに即行動。

自分の意志は怠けたいとか思うんですね。

寝たいとかも普通に思います。

ただ、その眠くなるときに一歩考えてみてほしいです。

5分で仕事が片付くかもしれない、でもそのことに対して、何時間も悩むのはナンセンスです。

とにかく動きましょう。

動くことで見えてくるものが違います。

たからとにかく目の前に山積している事も、違う視点で見ればたいしたことないかもしれません。

とっととやる、これに限ります。

ちなみにこのブログもとっととやる!って思って、すぐに書き始めました。

10分少々くらいしかかかってません。

Follow me!