快か不快かで考える

にしむらコーヒー

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

古田 健(@kenfuruta7737)です。

今日の午前中は打ち合わせ。

と言うか久々にあった方への近況報告。

にしむらコーヒーイェー!!

ホント久々に会いしました。

まぁ仕事のことなんかもちょろっと話ししました。

 

そして、いろいろと話をしていて一番思ったこと。

快か不快か。

快=心地よい。

不快=心地よくない。

人間関係も仕事もそれに尽きるんじゃないかなと思います。

 

まぁまずは人間関係。

自分が楽しければそれで良い。

これで正解です。

ただ、自分のわがままで人に不快な思いをさせた。

相手に不快な想いを抱かせるってわかったときは自分の心が不快になるんですね。

不思議。

人は1人では生きていけない。

自分が一番大切だとして、一緒にいたいと思う人が不快な思いをしているということは自分が快だと想っていても、心の何処かで不快なんです。

だからそういうときは自分も相手も快になるように振る舞う。

これが正解。

ただ、自分がそうなるようにした結果、相手を快にできなかった。

これは別に自分の責任じゃない。

離れましょう。

 

で、相手が快で、自分が不快なとき。

こういうときはそそくさと離れる。

これにつきます。

そんな不快な人間と付き合ってても時間の無駄です。

自分が不快な状態って言うことは相手からも不快に感じているものです。

そういうときは嫌われて当たり前。

存分に嫌われましょう。

そっちのほうが後々会わなくなるのでよっぽど生産的。

 

こうやっていると人間関係ってとてもシンプル。

どんなことやってても楽しい仲間が集ってくる。

誰に遠慮せず思いっきり楽しむことができる。

これが本当の縁だと思います。

 

ちなみに縁を育むとか、ご縁に感謝とか言葉。

言葉の意味はそのとおりです。

私、この言葉があまり好きではないです。

年齢などの上下関係はあっても、お互いが対等な立場でお互いに快な関係でいることってできますか??

あんまりいないですよね。

親子でもあまりないと思います。

ただそういう本当に残ったものこそをご縁っていうんじゃないでしょうか。

心のそこからなんでも言い合える奴らこそご縁っていうんじゃないでしょうか。

名刺交換しただけの人に対してご縁に感謝とか、意味履き違えてます。

 

家族だろうが親戚だろうが、不快なところからは離れればいい。

離れてみると、意外と意図してたものがわかったりする。

その結果、本当に快か不快かも見えてくる。

そういう判断することが大切じゃないかなと思います。

 

快か不快かって言うことはタイミングもあります。

だんだんとわかりあえることで快な状態になることもあるし、わかりあったからこそ不快な状態になることもある。

それも正解です。

 

仕事でもそうです。

まぁ自営業の場合なんですが。

縁があると思っていても、ただ単に仕事をお願いするっていうことに隠された意図って下請けを見つけたいだけの人もいます。

ビジネスパートナーではなく下請け。

自分の思った仕事を安く済ませるために、人を探しているだけ。

こういうパターン。

これって所詮お金のために仕事をしているだけです。

自分のやりたくない仕事なので、快ではありません。

不快です。

お金のために仕事をするってことは不快なのです。

 

では仕事はどうすれば良いのか。

自分がやって楽しい仕事をすれば良いのです。

そうでない仕事はすべて断る。

これが仕事が快になることだと思います。

自分のやりたいことやって、成果を出す。

その上でお金をたくさんもらったらこれほどの快はありません。

成果を出すということはもちろん仕事を頼んだ方も快なのです。

 

会社組織でなかなか上司がとか、部下がとかいう人もいますけど、これもその人間関係不快だからこそ発生する問題です。

根本的に快の状態にしなければ成果も上がりません。

だから常に快の状態になるようにするべきです。

快の状態にならなければ、転職活動したほうが良いです。

それでも給料が〜とか言う人は給料をもらうことが快の状態なのでほっときましょう。

 

人間は良い面も悪い面もあります。

快か不快かっていういことは一部分だけを見ているだけかもしれません。

ただ、人間の潜在意識ってやっぱり優れていて、苦手だなと思ったらそれ以上は不快の領域に入ってくる。

そういう感情を無視して無理して人に合わせるから辛くなったりする。

それが一番自分を大切にしていないということです。

 

自分を大切に。

自分の感情を大切に。

自分の快を大切に。

本当にそれで人生は激変します。

 

自己中心的ない人は嫌われると言われますが、そんなこと言ってるやつは多分自分に対して不快を表しているなのでとっとと離れましょう。

自己中心的な人間のほうが魅力的なのです。

好き放題振る舞ってそれでも好きになってくれる人のほうが信頼できます。

だから仕事でも人間関係でも自分を常に快の状態においておくということが大事なのです。

 

ただただ感情論になってしまいがちですが、普段からこういうことをしっかり意識していると本当に快か不快かっていうことを判断しやすいです。

自分の中の感情という快か不快かのセンサーが鍛えられてくるんですね。

だからどんどん感情センサーを鍛える。

そうして快か不快かの感情をしっかりと自分に落とし込む。

人の意見なんかを聞くことないです。

人の意見で動くような自分の意志ならば、

そういうことをしっかり意識すれば、本当に自分の心が望むままに生きていくことができるんじゃないかなと考えてます。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!