母の日について考えてみた

カーネーション

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

今日は母の日。

奥さんに本当にちょっとだけなんですが、感謝の気持ちを込めて花とワインを贈りました。

えー、正直なところ今日が母の日だなんてことは昨日まで忘れてました。

しかしながらやっぱり女性は凄いですね。

みんな覚えてますもんね。

記念日なんて忘れてしまう男性諸君、きちんとグーグルカレンダーに記念日はリピートで入れておくことをおすすめします。

 

 

ちなみに記念日なんて所詮花屋のマーケティングかなんかだと思って由来を調べました。

これはアンナ・シャービスというアメリカのフィラデルフィアに住む少女のお母さんが死んだことで、生前に母を敬おうとした行動がきっかけらしいです。

で、この母親がカーネーションが好きだったということで白いカーネーションを祭壇に飾ったことでカーネーションを贈るようになったとかならなかったとか。

なるほど、カーネーションってそういうことだったのね。

よくわかりました。

ちなみにバレンタインデーやらホワイトデーやらはお菓子屋さんのマーケティング戦略だと思うし、イースターとかハロウィンもマーケティング戦略、そう思ってます!笑

まぁ正直なところ若いときはバレンタインデーとかクリスマスとかはワクワクテカテカしてました。

好きな子にアプローチをしたり、1人で寂しい夜を過ごしたり。

それはそれは悲惨な人生を送ってきましたが、今となっては良い思い出です。

その分今はっちゃけてるからいいんですけどね。

もっともっとリア充学生しててもよかったんじゃないかなとおもいます。

うーん、若いうちからコミュニケーション能力をもっともっと鍛えておくべきだった!!

 

まぁ経済が動くということはいいことですね。

もっともっと景気が良くなるようになればもっともっと面白くなりますもんね。

ちなみに今となっては娘にクリスマスプレゼントを買ってあげるだけの日になりました。

 

まぁいつもながら話が横道にそれてしまいましたが、そんな母の日、やっぱり花を贈るっていうのはいいもんですね。

いくつになっても花を贈れるようなカッコいい人間でありたいと思っています。

 

ただ、バレンタインデーとホワイトデー、母の日と父の日の格差については市場規模でいってもありえないくらいだと思います。

調べてないのでわかりませんが、おそらく父の日は花屋さんも儲からないはず。

もうちょっと父の日も盛大にやってくれてもいいんじゃねーのと思う今日このごろでした。

まぁそういう見返りを求めること自体が美しくないですね!笑

 

それでは風呂入ってコーラ飲んでチラシの制作の仕事して寝ます。

Follow me!