DeAGOSTINIの「ニードルフェルトでねこあつめ」に手を出してしまいました

ニードルフェルトでねこあつめ

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

DeAGOSTINIですよ。

初回だけ激安価格で本屋さんで販売しているあれですよ。

いや、だってさ、娘が欲しがるんだもん……。

というしょうもない言い訳をしながら買ってきました、DeAGOSTINI。

ニードルフェルトでねこあつめ DeAGOSTINI

初回限定299円(税抜)。

いつもの自分ならば絶対に買わないでしょう。

魔が差したというかなんというか。

下の娘は風邪で病院行ったりして寝てたので、シールブックを購入。

上の娘がこれを購入。

中身はこんな感じ。

DeAGOSTINI

アクレーヌという綿が、体の白色と、餌用の皿のピンクと、餌の茶色が少々、針と針を刺すための台のスポンジ、口元のフェルトシールがついています。

あとは中に作り方の説明書、台紙なんかが書いてありました。

 

そしてこれを購入して帰宅後ずーっとやっていました。

仕事で空いた時間があればずっと針を刺していたような気もします。

頭を作って、胴体を作って、ジョイントさせて。

手足・耳・尻尾を作ってジョイントさせて。

全体のバランスをみながらしっかりと形を整えて。

鼻と目と口とおしりのシールを貼って。

で、ようやく完成したのがこちら。

ニードルフェルトでねこあつめ

うん、可愛い。

もうね、ここまで作った苦労があって愛しくてたまりません。

君可愛いすぎるで。

 

ちまちまちまちま針刺して、ちまちまちまちま固めて。

 

手もね、何回刺したことか。

やっぱ針をバスバス刺してたら手も刺してしまいます。

私、結構がさつなので、調子に乗って刺してたら、

「ブス。」

と言って刺さります。

またこれが痛い!

流血もしました。

白のフェルトが血で染まらないようにするのに気を使うほどです。

 

長女もちょっと針をさす作業をしたのですが、案の定2〜3回手を刺したようです。

痛い!って叫んでました。

 

ただ、これ2〜3時間で終わるとか書いてましたが、絶対無理。

頭と胴体を作るだけで、2〜3時間。

ここまでやって完成させるのに5時間近くかかってます。

とっても簡単。

うん、間違ってませんがどれだけ根気のいる作業なんでしょうか。

まだ、付属のお皿とかできてないorz

えー個人的な感想を申し上げますと、もう二度と作りたくない!

娘よ、何故これを作ってくれとか言い出したんだ。

 

ただ、ひたすらに針を刺すという作業は頭の中が空っぽになって、悟りの境地とも言える心理状態に近づいているんだなと思います。

日頃忍耐力のかけらもない私にはよい刺激になりました。

しかしながら、シリーズ全部で15匹いるんらしいんですが、私はこのにゃんこさんをあと14体も作る自信はありません。

猫グッズを作りたい人、忍耐強い人、修行したい人にはおすすめです。

Follow me!