行動する前にその行動は本当に必要かどうか自問自答する

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

最近自分と向き合い、自問自答することが多いです。

そういう時間を設けたから余計にかもしれません。

自問自答することって行動をしっかりとぶれないようにするためには必要な行為かなと思います。

今までは自分と向き合うっていうことが一番できていなかったことかもしれません。

他人に流されてきちんとした自分の意志を伝えることができなかったり。

でもそうではありません。

他人に流されるということは自分の意志を持っていなかったということです。

自分がはっきりとノーを言えていなかったということです。

 

いろんなことに誘われても、そのまま誘いに乗っていました。

飲み会がある、セミナーがある、こんな打ち合わせがある。

果たしてそれはひとつひとつの成功につながっていたかというと、今までの自分の人生において結果はノーです。

今まではなんとなく楽しかったり、なんとなくで行動をしていました。

その結果、いまだに色んな面でまだまだ不充分な自分がいます。

果たしてこのままで良いのかと深く考えたときから、自問自答することに

 

時間をなんとなく使ってしまうと、やっぱりなんとなくの結果しかでてきません。

結果を残すならば、今あるリソースをどれだけ使うかってことを一番に考えなければなりません。

リソースは常に有限。

だから無駄をどんどん削っていかなければなりません。

自分がしんどくなるだけです。

 

リスクを負ってサラリーマンから経営者に転身したわけなんです。

サラリーマンが悪いわけではないのですが、やっぱりサラリーマンとは違う時間軸で過ごさなければいけません。

飲み会でうだつの上がらない時間を過ごすくらいならば、他の立派な経営者のもとで勉強させてもらったり、技術を磨いたりすることに使いたいと思います。

 

だから、基本的には自問自答する。

そうすれば殆どのことに対してノーと言って断ることになるんですが、それが最初の一歩だと思います。

日本には根深い同調圧力ってのがあるんですが、それに負けたらだめです。

みんなが参加するから参加するか??

と言われて断ったらあいつは「人付き合いが悪い」とか言われてしまう社会です。

 

正直なところ、そんな生産性のないどうでもいい人付き合いなんてクソ食らえです。

いくら人から陰口を叩かれても、そんな陰口を叩くようなやつは大したことありません。

自分は大事な仲間や友人、家族と過ごす時間は絶対に惜しみません。

しかしながら、なんとなく付き合うような交流会や、なんとなくの懇親会なんて絶対に参加しないことに決めました。

その飲み会やセミナーって本当に大切ですか??

その程度のことに時間使って大丈夫ですか??

自問自答して、答えを見つける。

価値観の合わない人とは離れてもあまりデメリットはありません。

その人が成功するならば、それで良しです。

 

人生一度ですし、自分の時間は自分でしっかりと把握して、何に時間を使うかを徹底的に自問自答して考えていかないと、あっという間に過ぎていきます。

なので、何をするにも、

「自分が本当になりたい自分になるためにこの行動は必要か。」

ということを考えて、なんとなくでは絶対に動かないようにしていきます。

そうすることでほとんどのことを断る必要になるでしょう。

しかしながら、その結果として、自分の元には必要な時間も、必要な人も、必要なお金も残っていきます。

 

目の前にある一番必要なことだけに自分の力のすべてを注ぎ込む。

そういう生き方を選択する方が最高です。

最高な選択をすることで、目の前のすべてが変わっていって、最終的に人生の幸福度が高くなるということです。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!