イライラすることも結局は自分の責任だということ

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

昨日の夜から、三井住友銀行のネットバンキングが使えず。

今日の朝になっても使えなくて、窓口に問い合わせして今に至ります。

「不正送金の疑いがあったので、口座からの送金を止めさせていただいております。」

とのことでした。

なので、朝一番に振り込みたかったのですが、1時間半もかかってやっと振込が完了するという。

しかも何回もエラー出したために、相手先口座の名前がシャットアウトされてしまう。

月曜日の朝って結構忙しいのですが、こういうことで時間を取られたら結構イライラとしてしまいます。

ほかにもやらなければならないことあるのにと。

 

でもね、ここで考えました。

イライラしてても時間の無駄ではないかということですね。

振込ができなかったとかいうことは所詮小さなことではないでしょうか。

そんな小さなことに対することで、時間を使ったり、大きなエネルギーを使ったりするのって人生にとって果たして得なのかどうかっていうことを考えると、全然得ではないということです。

むしろ損してます。

イライラする事は損です。

 

事情を説明して、先方様に連絡したところ、ご納得いただいたようで事なきをえましたが、やっぱりこういうことってきちんとしておかなければなりません。

まさか銀行のシステムが使えないとは思いませんでしたし、そのせいで迷惑被ったのでどうしようもありません。

しかしながらやっぱり謝らなければいけませんし、正直にいい気分はしません。

 

なので、ちょっと視点を替えて考えてみました。

銀行振込が遅れるとどれだけ相手に迷惑がかかるか。

その迷惑をかけたことに対して、どういった行動で埋め合わせすることができるか。

その事によって自分自身がどういう気持ちになるか。

相手と自分がもっと良くなるためにはどうすればよいか。

 

 

そういうことをじっくり考えたわけなんですね。

 

結論として今回自分がもう少し早く振込などの処理を行えばそういうことにならなかったかもしれませんし、手をうつこともできたはずです。

いつもできているからできるはずとタカをくくってやることも問題だったかもしれません。

エラーが出る可能性も多々あるはずです。

そういう問題が結構あるということに気づきます。

だから素早く何でも処理しておいたほうが良いということも気づきました。

気持ちが焦ることでイライラするということも多いです。

結局のところ、イライラする原因って、自分自身がもう少し考えて行動すれば、防げることも多いんじゃないかということです。

やっぱり何でも自分に責任がある。

ネットバンキングにも責任はあるでしょうけど、それを選んだ事自体も責任の一つ。

なので、すべての原因はやっぱり自分にあるということです。

 

イライラしなくてもいい状況がベストですが、イライラする事でもっと考えるべきことに気づくこともあります。

なんでそういうときは視点を変えてどうすればもっと良くなるかを深く考える。

そうすることでイライラも収まってきますし、今後イライラする事も少なくなってくるんじゃないかなと思います。

なので、イライラしたら視点を変えて深く考えてみるということを徹底したいと思います。

 

深く考えます。

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!