どんと焼き本番でした

どんと祭り

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

本日はどんと祭り本番!

朝8時からどんと焼きの竹を組みに行ってきました!

地域によっては「どんと」「とんど」「どんど」などと言う名称があるんですが、どれでも通じるらしいです。

「ビビンバ」と「ビピンバ」のようなものでしょう。

違いをとやかくいうのはナンセンスです。

 

昨日は竹を切りに行ってきました。

どんと祭りの準備で竹を切ってきました

今日が本番ですので、近所の大きな公園のグラウンドで竹を組んできました。

竹を切りに行く前はね、正直3mくらいのものかなと思ってたんです。

でもね、見事に期待を裏切られる結果に。

なんと高さ8m。

……。

すごいなー。

こんなにデカイとは思いませんでした。

 

竹を運んでいよいよ組み上げがスタート。

どんと焼き 準備

正三角形に3箇所、その中心の計4ヶ所に鉄の杭を打ちます。

そして真ん中の杭に番線で固定して大きな8mの竹を立てます。

バランスをみながら垂直に立てていく。

どんと焼き 準備

そして3つの杭から斜めに6mほどの竹を渡し、杭と真ん中の竹に対して固定します。

これで仮固定が完了。

中に井桁のように枯れた竹を並べ、燃えやすいように灯油をかけていきます

そしてどんどん切り出した竹を並べてまた固定していくという作業を繰り返し、できたのがこちら。

どんと焼き

ちなみに隣のおっちゃんが手を切って流血してめっちゃ可哀想な目にあってました。

……。

痛そうやんか。

安全には気をつけなければならないということですね。

 

このあとにのぼりやら書き初めした習字の半紙やら、しめ縄や門松なんかをどんどん投入して準備完了。

私もこの蛍光黄緑のジャケットを借りて頑張ってました。

 

そしていよいよ点火。

いやー、準備に対して、あっという間に焼けてしまいました。

ものの5分であれだけの竹の殆どが焼けてしまうという。

どんと焼き 鎮火

本とか年賀状とかが意外と焼け残るので、崩しながら燃やしてました。

紙やらが束ねたままそのまま投入すると意外と焼け残るんですね。

あとは、みかん。

最後の方で、あるおっちゃんがしめ縄を投げ入れる時に、

「みかんは焼け残るから入れんとってー!」

とめっちゃ怒られててツボでした。

本当にみかんは焼け残るようです。

みなさん、どんと焼きのしめ縄のみかんは外すようにしましょう。

焼け残るからめっちゃ怒られます。

 

そして最後は防災訓練ということでバケツリレーを行い、火を消して完了。

 

炊き出しを頂いて帰ってきました。

いやー、昨日今日となかなかできない体験でした。

とっても楽しかったです。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!