看板のお手伝いをしてきました

ブログを書いていただきましてありがとうございます。

本日はTさんの看板のお手伝いの続きです。

Tさん、今日も呼んでいただいてありがとうございます。

ファサード看板の面板の取替作業です。

最近建築系の仕事が多いなーと思いますが、本当にその通り。

明日も波板取り付けの続きです。

ちなみに本業はウェブ屋さんです。

ホームページ作ったりしてます。

ただ、建築とホームページって似た部分がありますね。

やっぱり規格化できる部分もありますが、ひとつひとつに併せて作らなければならない部分もあったり。

なかなか一筋縄ではいかないことも多いですが、丁寧にしっかり作業することで殆どの場合は解決します。

 

今日の作業も寸法が微妙に違ったりした部分を調整しながら取り付けしていきます。

色んな部分に気を使いながらやっていきます。

 

今日はTさんが看板の取り付けを行ったりする為の手元(てもと)としてお手伝いさせていただきました。

自分がこういう作業で人の手元をするときには人がどう動けば次の作業が早くなったりして効率が良くなるかを考えながら行動します。

 

例えば2人で看板の中の電球を変えるとき。

作業している人と手元の人がいるとすると、作業する人が古い電球やグロー球を取り外した時に手元の人はそれを受け取る、そして作業している人に新しい電球とグロー球を渡すこともまた仕事です。

そういう流れをきちんと把握して、自分が作業している人だったら次に何が必要かをきちんと考えて行動することが手元の人には必要なことだと思っています。

手元として指示しなくても次に何をやるべきかを把握するのが、一番効率がいいんじゃないでしょうか。

 

自分の中で、指示しなくてもできる人が一人前。

指示してできる人は半人前。

指示してもできない人は足を引っ張るだけ。

 

指示を待ってるだけの人や、指示されたことすらできないような人にならないためにも、日頃からしっかりと考えながら行動することを目標にしています。

やっぱり少しでも考えるのと考えないのでは作業効率が大違いです。

ほんとうに最初は小さな差なのですが、本当に大きな差になってびっくりします。

気づくか気づかないか。

気づいて考えることができるか、そうでないか。

こういうことの差が、本当に人生を変えるきっかけになっていくと信じています。

 

最近いろんなことに気付かされてばかりですね!!

本当にTさん、今日も呼んでくださいましてありがとうございます。

ただただ感謝です。

Follow me!