スケジューリングを行います

ペンを持つ手とノートペンを持つ手とノート

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ここ数日ほど、色々とございまして、自分を見つめておりました。

なかなか進まないことや、煮えきらないことばかりでして、心情的には非常に厳しいものだったんですが、なんとか持ち直すことができました。

しかしながら、ブログを書いたり、筋トレをしたりウォーキングしたりすることができていませんでしたので、遅れを取り戻すようなスケジューリングをしたいと考えています。

遅れを取り戻す

毎日継続していたものの遅れを取り戻そうとするには結構な労力がいるわけです。

1日遅れたら2倍の労力になります。

10分の作業も1日遅れて取り戻そうとすればその日の作業と併せて20分。

1週間だと80分。

しかも時間もかかってしまうために他のことを圧迫してしまう。

なので、毎日継続することが大切です。

自分自身に甘えていた分のツケってやっぱり大きいです。

そうしたツケを払わないためにも毎日少しでもやるということがどれだけ大切か身にしみてわかった気がします。

どんなコンディションでもやる

もうね、これに限ります。

どんなに肉体的に疲れていても、どんなに精神的に衰弱していても、どんなに時間がなくてもやると決めたことはやる。

毎日続けるためにしっかりと時間も割いて、やる。

ブログも筋トレもウォーキングも日光浴も読書も然り。

全ては未来の自分のためです。

どんなコンディションでもきちんと継続しておこなうということを守ります。

やっぱり続けることで見えてくるものがあります。

現在の誘惑を断ち切る

今やりたいことももちろんあるんですが、その誘惑って未来のことよりもどうしても大きいです。

だからそういう自分をきちんと断ち切ってしっかりと未来の自分を見つめてやるということです。

今のグータラな自分と自分の目標とする自分。

どっちがいいでしょう。

目標とする自分に決まっています。

目標とする自分に対して、自分自身が今やりたいこと、サボりたい気持ち、言い訳が邪魔をしてきます。

なので、そういう邪魔をすることを自制することが大切となります。

ここ1週間、いや11月に入ってからはどうもそういうことに負けていたと感じます。

だからしっかりとそういう誘惑を断ち切って、しっかりと目標に対して突き進むべきですね。

バッファを作る

バッファとはビジネス用語で「余裕」とか「緩衝物」とかを意味する言葉です。

このバッファも大切だなと感じます。

やっぱり少々のバッファがなければ、こうやって遅れを取り戻すこともできません。

むしろギチギチのスケジュールをこなすことは効率が悪い。

歯車も遊びがないと回らないのと一緒です。

その上でバッファタイムというものがあることで、他のことも余裕を持ってこなすことができる。

どうも今回の煮えきれなさとかそういう心のしんどさはバッファタイムがなかったことに起因しているかもしれません。

なので、少しずつバランスをみながら、バッファタイムを導入してスケジュールをこなしていくことが必要となります。

バランスを採りながらスケジュールをこなす

決めたスケジュールを完遂することで目標に近づいてきます。

自分の中の目標をしっかり決めて、それに対してスケジューリングしていくわけですからやはり、スケジュールの完遂が一番の課題となってきます。

今回はギチギチにスケジュールを詰め込んだため、私自身が音をあげてしまった。

なので、あまりギチギチでも良くない。

しかしながら効率をよくすることも必要。

勿論バッファタイムも必要。

バランスのとり方が重要になってきます。

2017年も残すところわずかです。

1日の時間は1440分しかありません。

自分の中でバランスを採りながらスケジューリングをもっともっと上手にしていきたいものですね。

 

Follow me!