冷水のシャワーを浴びる

シャワー

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

新しく始めたこと3日目です。

冷水シャワーを浴びるということをはじめました。

もうね、今日はバタバタしすぎてます。

今日はほんまにあかん。

多分徹夜でしょう。

何もする暇がありませんでした。

トラブルの連絡が多数ありまして動けず。

しかしながら新しく続けると言った以上、何か新しいことを始めなければならないので冷水シャワーを始めることにしました。

冷水シャワーの効果

冷水シャワーを浴びると、身体がポカポカしてきます。

これは身体が冷水により冷えることで体自体が、身体の体温を取り戻そうと体温が上がってきます。

寒中水泳などもその一つですね。

これらの効果は科学的にも実証されており、非常に素晴らしい効果があるとのことです。

その効果のは、

  • 基礎代謝が上がるり太りづらくなる
  • 血液の循環が良くなる
  • 皮脂の分泌も抑制されるため体臭が抑えられる

もう一石二鳥どころか三鳥ですね。

冷水シャワーを浴びると基礎代謝が上がり太りづらくなる

冷水シャワーを浴びることで基礎代謝が上がると普段の消費カロリーが上がり、太りづらくなるということです。

肉体改造中の私ですからちょうどいいです。

基本的に脂肪は燃焼させたいので、基礎代謝が上がることは大いにメリットがあります。

冷水シャワーを浴びると血液の循環が良くなる

血液の循環が良くなると毛細血管の先まで血液を流そうとするためポカポカになります。

また冷え性に対しても、冷水シャワーを浴びることで毛穴をきゅっと締めることになり、最終的にポカポカになるということです。

皮脂の分泌も抑制されるため体臭が抑えられる

意外な効果ですが、冷水シャワーを浴びることで毛穴が締まり、皮脂の分泌も抑制されます。

つまり体臭が抑えられるということですね。

個人的には人間って臭い生き物だと思っていますので、出来る限り臭くないようにして清潔感を醸し出したいものです。

冷水シャワーの浴び方

冷水シャワーはやり方があり、まず心臓から離れた手足から徐々に冷水をかけていきます。

そして心臓に近づけるようにして浴びると良いです。

いきなり心臓は刺激が強すぎるかもしれません。

冷水シャワーの危険性

もちろん冷水シャワーは危険が伴います。

心臓の弱い方や血圧が高かったり、病中の人はやめたほうが無難だと思います。

冷水シャワーは冷たい

という事で実際に冷水シャワーを浴びました。

いつもならば長風呂するんですが、今日は本当に時間がない。

時間がなさすぎて風呂の時間を削ります。

湯船につかり、ある程度温まったところでいざ給湯器の電源を消して冷水シャワースタート。

もうびくっとするくらい冷たい。

これ当たり前のことなんですが、冷水シャワー、めっちゃ冷たいです。

それまで湯船に使ったりしてポカポカになっている身体を一気に冷やしてしまうんですから、そりゃ冷たいに決まってますね。

もう心が折れそうになりました。

しかしながら頭をすすぎ、身体をすすぎ。

 

1分位浴びたような気がします。

それでも長かったと感じました。

冷水シャワーを浴びた後

いざ冷水シャワーを浴びてみて感じたのはやはり体中がポカポカになったというこです。

一時的には非常に冷たくて嫌になりるんですが、それ以上にポカポカが長続きします。

湯冷めなどもしにくいんではないでしょうか。

まとめ

冷水シャワーを浴びることでやっぱり健康に良いというのは実感できましたので、まずは冷たい水に慣れることが大事かと思います。

Follow me!