モーニングページを書く

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

モーニングページを始めることにしました。

モーニングページとは朝起きて思いついたことをノートにひたすら3ページ書いていくということなんですが、かなり頭が整理されるような気がします。

モーニングページとは

モーニングページとは何かというと、ジュリア・キャメロン氏の著「ずっとやりたかったことを、やりなさい」で書かれているワークです。

昨日書店でパラパラとめくっていて、

「これだ!!」

と思い、早速実践しようと思いました。

本当に簡単なやり方です。

モーニングページに必要なもの

モーニングページに必要なものは3つあります。

  • ノート
  • ペン
  • 時間

ノート

モーニングページにはまずはノートが必要になりますのでノートを用意します。

色々と調べた結果、A5サイズくらいが良いそうです。

私が最初に使ったのは5mm方眼が入っているノートです。

ただ、やっていてわかったのですが、5mm方眼は使いにくいです。

きちんと罫線の引いてあるノートのほうが使い勝手が良いと思います。

ペン

モーニングページを書くにあたってペンが必要となります。

私、0.7mmのフリクションボールを愛用してますんで、そちらを使いました。

フリクションボールはこすって消せるペンです。

書き味の良いペンならばなんでも良いと思います。

特に消したりはせずに書きましたんで誤字脱字があっても消さずにそのままなので、フリクションボールを使いました。

ただ、結構インクを消耗しそうですし、消せなくても全然問題は無いと思いますので、他のペンを用意しようと思います。

この際色々とペンも試そうかなと思います。

時間

モーニングページを書くにあたって必要な最後のものは時間です。

いつもよりちょっと早起きしよう

ということを文中で提案していました。

いつもより15分早起きしてみましょうということです。

なので私も少しだけ早起きしました。

今日起きたのは5時過ぎくらいです。

もともと全日の夜が遅くならない限り朝は早く起きるタイプです。

私は朝の時間はブログ書いたり、その日の用意をしたりいろんなことをやったりしていますからそういう時間を少しだけ使うことにしました。

もともと時間のない人はちょっぴり早起き頑張ってみてください。

モーニングページのやり方

モーニングページのやり方という事なんですが、こちらも何も考えず、頭に浮かぶことを3ページ分ひたすらノートに書き出すということです。

誰に見せるでもないです。

家族や友人に見せるためのものではないので、良いこと悪いことすべて頭に浮かぶ事を書いていきます。

文章なんて機にする必要はありません。

誰にも見せないので、常に自分の思ったことを書いていきます。

汚い字でもオッケーです。

走り書きでももちろんオッケーです。

大事なことはとにかく3ページ分書き出すということなので、とにかく3ページ埋まるまで頭に浮かぶ事を書いていきました。

モーニングページが3ページも書けないという不安がある人は、今のことをとにかく書いていばいいです。

今寒いとか暑いとか気分がいいとか悪いとか、食べたい物のこととか。

最終的には何も思いつかないと書いてもオッケーだそうです。

モーニングページのルール

モーニングページのルールを書いていきます。

必ず朝に書く

1日のスイッチが入る前の無防備な自分の意識を書き出すために朝起きて1番に書くという事を意識しましょう。

朝一番の素直な心を書き出すことでしっかりと自分の気持を書き出すことができます。

昼や夜に書くと1日の振り返りになってしまうためです。

なのでモーニングページという名前のとおり必ず朝に書くようにするということが重要です。

手書きで書く

PCやスマホなどのデジタル機器ではなく、手書きでしっかりとノートに書くということです。

自分の想いをノートにぶちまけるように手書きで書くということが重要です。

やっぱり感情はペンに出ます。

感情をだしていくことが重要なので、デジタル機器ではなくノートとペンでしっかりと感情を表現しましょう。

間違いを正す必要もありませんし、ただただ感情を出すということが大切だということです。

モーニングページは8週間見直さない

8週間は見直さないことにしましょう。

特に見直すことも無いと思います。

むしろ、感情を吐き出したものに向き合いたくないとすら思ってしまいます。

しかし、感情を吐き出した後は自分自身と必ず向き合うことが必要です。

そのタイミングは9週目です。

9週目に入って初めて自分の感情と向き合うためにノートを見直します。

モーニングページに何度も出てくるキーワードを見つける

何度も出てくることにキーワードみつけると、そこにマーカーを引いてみるということです。

そのキーワードこそが、自分自身の感情がしっかりと出ていることなんですね。

ずっとやりたいことであったり、ずっと不満に思っていることであったり。

モーニングページに書き出して振り返ることで、しっかりと自分の感情や思考と向き合う事ができると思います。

自分自身の考えがしっかりと書かれていることにびっくりする人も多いそうです。

自分はどんな感情や思考をノートに書いているか楽しみですね。

モーニングページの効果

脳の排水

モーニングページの効果としてあげられるものは感情や思考の整理が1番だと感じます。

とあるブログではモーニングページは心のデトックスすることが目的であるという事を述べていますが、心の中に秘めていることを書き出すということはかなり気持ちが良いものです。

やる前とやった後では確実に気持ちの持ち方が違います。

くだけた言い方をするなら、それは「脳の排水」と呼んでもいいかもしれない。脳の中を掃除することが目的だからである。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。 ジュリア・キャメロン

心が素直になる

素直な気持ちをノートに書き出すことで嘘がなくなってくるそうです。

気持ちを抑えてつけていることこそが、自分を何もできなくしている大きな理由です。

その気持をノートに書くことで、素直になれるということです。

素直に自分の気持や感情、思考を知ることができるということですね。

不安が消える

頭の中の感情を出すことで漠然とした不安がきえるそうです。

これは私も実際にやってみて感じましたが、書いているうちに何に対して不安をいだいているかということがしっかりと分かるようになりました。

モーニングページを書くだけでは何も変わりませんが、それでも気の持ちようが全く違う自分に気づくと思います。

モーニングページのまとめ

自分自身が今日からモーニングページを書いてみたりしたことをまとめてみましたが、本当に1日やっただけでかなり頭の中が整理されているような気がします。

本当に3ページもかけるのかとか思ってたんですが、いざ3ページ書いてみるとまだまだ書き足りない気がします。

むしろまだまだ書いていたいという気分です。

モーニングページを書くことで、しっかりと感情と思考が整理されて、やるべきことがしっかりと見えてきますし、その逆も然り。

やりたいことのみをやっていくようにすれば自ずと人生もポジティブに周りだすんじゃないでしょうか。

自分自身が何をやりたいか、何になりたいかをしっかりと見つめ直すためにモーニングページを続けたいと思います。

Follow me!